News

帝京・関東一・二松学舎のBIG3は準決勝まで対戦なし! 帝京は堀越ら伝統校、関東一は修徳、二松学舎は岩倉との対戦が予想、序盤戦がカギを握る【2024夏 東東京大会展望】

2024.06.17


高橋 徹平(関東一)・奈良 飛雄馬(帝京)・片井 海斗(二松学舎大附)

【トーナメント表】夏季東東京大会 組み合わせ一覧

東西東京大会の組み合わせが決まった。東京が東西2代表になって今年で50年。甲子園への道が広がったことで、東京の高校野球全体のレベルが上がった。そのことを物語るように、今年は東西ともにノーシードの強豪がおり、混戦模様。春、帝京が優勝した東東京を展望する。

関東一、修徳に春のリベンジなるか⁉

東東京大会で最大の注目点は、ノーシードになった二松学舎大附の対戦だ。関東一とは準決勝、帝京とは決勝戦まで当たらないので、東東京のビッグ3は散らばったことになる。とはいえ、対戦校は決して侮れない。
二松学舎大附は東京を代表する強打者・片井 海斗を中心に攻守に充実。ノーシードながら優勝候補に挙げられる。初戦の相手は都立雪谷が有力だ。雪谷は中心投手の亀田 修一が昨夏を経験している都立の強豪だ。雪谷に勝てば、シード校の岩倉との対戦になる。昨夏はエースで主将の大野 巧成(現中央学院大)の活躍で旋風を起こした岩倉だが、今年は2年生エースの上原 慶大を盛り立て、全員野球で粘り強い野球をする。昨年もノーシードだった二松学舎大附は、3回戦でシード校の堀越に敗れただけに、最初の関門となる。

3回戦を突破すれば、4回戦、5回戦で対戦の可能性があるチームに東京成徳大高、駿台学園などの有力校が入っているが、準々決勝までは、順当に勝ち進むのではないか。二松学舎大附もしくは岩倉が準々決勝で対戦するのは、明大中野がシードされているブロックだ。明大中野は横手投げの佐伯 魁栄、度胸のいい2年生の田中 俐希の2本柱が安定。春季都大会では早稲田実を破っている。明大中野にとって最初の関門になりそうなのが、東亜学園または郁文館との対戦が予想される4回戦だ。東亜学園は昨夏の準優勝校。秋は1次予選で敗れたものの、松本 秀太主将など、昨夏の悔しさを知るメンバーが奮起し、戦力を高めている。郁文館には若林 力丸玉川 元太という注目の強打者がいる。また勝者が5回戦で対戦するブロックには東海大高輪台がいる。仮に二松学舎大附明大中野が準々決勝で戦ったとすれば、戦力的には二松学舎大附が上回っている。しかし明大中野も、春の早稲田実戦でみせたように、佐伯、田中の投手陣を中心にしっかり守る野球をすれば勝機もみえてくる。二松学舎大附は秋も春も相手ペースになった時に脆さが出ただけに、片井 海斗五十嵐 将斗といった中心打者が、いかに試合の流れを作るかがカギとなる。

二松学舎大附岩倉明大中野などのブロックの勝者が準決勝で対戦するゾーンには、大森学園錦城学園都立小山台成立学園などの有力校がいるが、準々決勝は関東一修徳の対戦になる可能性が高い。

センバツ出場の関東一は戦力が充実。優勝候補に挙げられるが、春季都大会の4回戦で修徳と対戦し、飯山 大夢に7安打で完封され、敗れている。関東一は当然リベンジに燃えるので、修徳としては厳しい戦いになる。しかし修徳にすれば、長年勝てなかった関東一を破た自信は大きい。春の対戦で打ってなかった染田 棟煌逢坂 拓未といった中心打者の奮起がカギとなる。いずれにしても、東東京大会の行方を占う、大一番になることは確かだ。

【次のページ:春の王者・帝京に城西大城西、日体大荏原、堀越などの伝統校が挑む】

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

1 Comment

  1. ベンベロ・ベロビュー

    2024-07-07 at 10:20 PM

    今春はとんでもない相手にやられた
    まぁ岩倉にはまず負けない(いや、絶対負けてはいけない)相手
    関東一相手でも、二松學舍大附のが上であろう

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.07

上田西が0封に抑えられて初戦敗退 23年はオリドラ1を擁して甲子園出場

2024.07.06

23年三重王者・いなべ総合が初戦で敗れる!9回に逆転満塁弾を許す

2024.07.07

滋賀大会では日野がサヨナラ勝ち、伊吹はコールド勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.06

MAX153キロ、高校通算39本塁打、偏差値70! 東京の超進学校に現れた“規格外の男”森井翔太郎の「気になる進路」

2024.07.06

高校生ドラフト期待度ランキング10位-1位 ドラフト上位有力“超高校級の逸材”の中から1位に輝いたのは…?【2024夏直前版】

2024.07.05

白山高元監督の“下剋上球児”再現はあるのか!? センバツ1勝の宇治山田商、2年生集団で東海大会準優勝の菰野など各ブロックの見所を紹介【2024夏・三重大会展望】

2024.07.05

春連覇した加藤学園は悲観達成を狙う! 静岡、日大三島、藤枝明誠、プロ注右腕・小船を擁する知徳らが行く手を阻む!?【2024夏・静岡大会展望】

2024.07.05

大阪大会は京セラドーム大阪で6日に開幕、大阪桐蔭は14日、履正社は14日に初戦【2024夏の甲子園】

2024.07.05

静岡大会ではノーシード勢が初戦、常葉大菊川、聖隷クリストファーが開幕6日に登場【2024夏の甲子園】

2024.07.05

三重大会が6日開幕、昨夏代表のいなべ総合が初日に登場【2024夏の甲子園】

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!