Column

“超不人気”だった東京の高校野球を「3つの出来事」が変えた! 東京ローカルチーム・桜美林の全国制覇、都立高の甲子園出場、そして……【東西東京大会50周年物語②】

2024.06.15


早稲田実時代の荒木 大輔

6月15日、第106回全国高等学校野球選手権東西東京大会の抽選会が行われる。今年は東西に分かれて50周年という節目の1年になる。
一代表時代、過酷な地方大会のため、甲子園で活躍できなかった東京勢。関係者の奮闘で1974年、悲願の2つの代表枠を得た。しかし、東京の高校野球にはまだまだ問題が残っていた——。

前回の記事を読む:なぜ、夏の甲子園で東京は2つの代表枠を持つことができたのか? “絶対権力者”の反対を振り切った一人の名物監督の“力 ”【東西東京大会50周年物語①】

東高西低だった東京

東西二代表になった74年当時、早稲田実日大三は東東京であった。西東京で実績があるのは、日大二堀越日大桜丘法政一(現法政)くらい。当時東京の野球の中心は、日大一修徳などがある下町だった。早稲田実は新宿区にあったが、王 貞治が墨田区の出身であるように、下町が選手の有力な供給源であった。

74年の東東京大会は、準決勝で早稲田実を破った二松学舎大附と、日大一を破った城西大城西の、ともに初出場をかけた戦いになった。決勝戦は8回が終わって2-2の同点だったが、城西大城西が9回に3点を入れて優勝した。
西東京大会は、準決勝で都立世田谷工(現都立総合工科)を破った佼成学園と、都立四商を破った堀越の対戦になり、6-0で佼成学園が優勝し、夏の初出場を決めた。

城西大城西は、後に広島の遊撃手として活躍する高橋 慶彦がエースで4番であった。公害がひどかったこの時代、荒川の河川敷で練習する城西大城西は、自らの打線を「ヘドロ打線」と呼んでいた。甲子園の初戦(2回戦)では、エースの高橋が被安打2の完封で佐世保工を破り、3回戦で奈良の郡山に2-5で敗れている。

一方佼成学園は、46年に阪急(現オリックス)に入団し、10年間で88勝を挙げた往年の名投手・今西錬太郎が監督を務めていた。佼成学園は甲子園の初戦(2回戦)で後に巨人に入る甲子園のアイドル・定岡 正二投手を擁する鹿児島実と対戦。1回表に鹿児島実が入れた1点を、定岡が被安打4の好投で守り切った。

75年の第57回大会は甲子園大会の出場校が38に。栃木と埼玉の単独枠が認められ、群馬と山梨が北関東大会になった。この大会からNHKで総合から教育(Eテレ)へのリレー中継が行われるようになり、甲子園のほぼ完全中継が実現した。

東東京大会は、早稲田実が準決勝で就任3年目の前田 三夫監督率いる帝京に圧勝。決勝戦でも夏に強い日大一を破り優勝した。15年ぶりの夏の甲子園出場となった。和田 明監督は就任11年目で果たした優勝だった。甲子園では岐阜の中京商(現中京学院大中京)に0-5で敗れている。
西東京大会は、センバツベスト4の堀越が評判通りの力を発揮して優勝し、2回目の出場を果たした。センバツでの実績もあり、前評判も高かった堀越だが、初戦でエースの鹿倉仁が打ち込まれ、天理に0-9と完敗した。

東京の高校野球が“超不人気”だった意外な理由

当時、私は中学生で、この年の夏、父親の仕事の関係で関西から東京に引っ越している。東京の公式戦で初めて観たのは、翌76年の春季都大会の準々決勝の桜美林早稲田実戦だった。
桜美林は同年の夏の甲子園大会で優勝するチーム。早稲田実は翌年のセンバツで準々決勝に進むメンバーの多くが2年生として出場していたので、試合のレベルは非常に高かった。土曜日は学校があったから、試合を観ているということは日曜日となるが、神宮第二球場のスタンドはガラガラだった。

実際、東京の高校野球の不人気ぶりは問題になっていた。東京は巨人、ヤクルト、日本ハムが本拠地を持ち、東京六大学野球では法政大の江川 卓らのスター選手が活躍していた。高校野球まで観る人は少なかったのである。ただそれよりも大きかったのは、東京は人口が多いといっても、その多くは地方出身者であることだった。地方出身者にとって応援する高校は自らの出身地であり、東京ではなかった。そんな東京の高校野球は、次に挙げる3つの出来事で大きく変わり、飛躍していくことになる。

次のページ:東京の高校野球を変えた3つの出来事①東京のローカルチーム・桜美林の全国制覇

固定ページ: 1 2 3 4

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」