試合レポート

早稲田大エース・伊藤樹が10回完封!小宮山監督も「ケチの付け所がない!」と絶賛!【全日本大学野球選手権】

2024.06.12


10回完封勝利を収めた早稲田大先発の伊藤樹

東京六大学野球連盟代表の早稲田大が延長10回の末に1対0で関西六大学野球連盟代表の大阪商業大に競り勝った。

息詰まる投手戦を制したのは早稲田大のエース・伊藤 樹(3年=仙台育英)。118球、4安打4四死球7奪三振で10回を完封した。

「試合前から『丁寧に投げるぞ』と捕手の印出(太一)さん(4年=中京大中京)と話していて、その結果が出たのかなと思います」と自らの投球を振り返った伊藤。「ケチの付け所がないでしょう。四球がいくつかあったくらいで素晴らしかったです」と小宮山悟監督もその投球を高く評価していた。

「球速がそんなに出ていなかったんですけど、変化球をかなり気にされている感じだったので、要所でインコースを突けたのが0点につながったと思います。積極的に振ってくるバッターが多かったので、初球から変化球を投げてゴロを打たせられたのが良かったです」と伊藤が話すようにこの日の最速は東京ドームのスピードガンで145キロ。それでも相手の出方を伺いながら的を絞らせない投球で、スコアボードに0を並べ続けた。

大阪商業大の4、5番を打つ渡部 聖弥(4年=広陵)と真鍋 慧(1年=広陵)には単打を1本ずつ浴びたが、「とにかく長打を打たせないことを徹底した結果」と想定内。大怪我を防ぐ投球を貫いたことが完封劇につながった。

無死一、二塁のタイブレークから始まる10回裏も無失点。「10回に点を取られたら、まだまだだなというところはあったかもしれないですけど、10回を0に抑えられたのはエースとしての仕事は果たせたんじゃないかなと思います」と話した伊藤。東京六大学の代表として優勝は譲れない。苦戦しながらも大きな勝利を掴むことができた。

勝利を決めてガッツポーズを見せる早稲田大の伊藤樹

<関連記事はこちら>
◆高校時代はプロ入り右腕の控え…大商大左腕が急成長! 球速10キロアップで早大を無失点に抑える【全日本大学選手権】
◆【一覧】全日本大学選手権 出場校一覧
◆【一覧】大学選手権注目選手リスト
◆【一覧】侍ジャパン大学代表 選考合宿 参加メンバー
◆全日本大学選手権 注目選手紹介・投手編
◆全日本大学選手権 注目選手紹介・野手編

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」