試合レポート

「高校球児も参考にしてもらいたい!」和歌山大・三塁コーチの好判断が勝利を手繰り寄せる【全日本大学選手権】

2024.06.12


相手の失策で二塁から一気に生還した和歌山大の山田孝徳

近畿学生野球連盟代表の和歌山大が広島六大学野球連盟代表の広島経済大に3対2で逆転勝ち。選手権で3年ぶりに勝利を飾った。

勝ち越し点を奪った和歌山大のプレーは全国の高校球児にぜひ参考してもらいたいものだった。

和歌山大は2点を追う6回裏に4番・山田 孝徳(4年=天理)の適時二塁打で追いつくと、続く5番・笠木 悠翔(4年=兵庫県立大附)の打球は平凡なショートゴロとなる。しかし、遊撃手の一塁送球が逸れて、一塁はセーフ。その間に二塁走者の山田が一気に生還して勝ち越し点をもぎ取った。

これは山田の全力疾走と三塁ランナーコーチを務める学生コーチの長岡 広平(4年=初芝立命館)の好判断がもたらした賜物と言って良いだろう。

二死二塁で内野ゴロが飛び、野手が送球して一塁がアウトのタイミングだった場合、三塁ランナーコーチは腕を回して本塁を狙わせるのが鉄則である。なぜなら、相手守備にミスが生じないと一塁がセーフになることはないからだ。ただ、高校野球を見ていると、これを徹底できているチームはあまり多くないように感じる。

「相手の守備の隙をついて点を取ったり、次の塁に行く練習をずっとやっていて、あれは普段から意識してやっていました」と長岡は言う。春のリーグ戦ではホームスチールで決勝点を奪った試合もあり、和歌山大らしい一連のプレーだった。

結果的に本塁はクロスプレーになっており、山田が最初から最後まで全力疾走をしたことが得点につながった点も見逃せない。大原弘監督は試合前に「日本一全力疾走をしよう」と選手に声をかけていたそうで、それをしっかりと具現化させたことが勝因となった。

「普段から全力疾走をチームで徹底していますし、当たり前に自分たちができることをやろうというのが一つ出たのかなと思っていて、普段からしていて良かったなと改めて感じました」と話した山田。僅差の試合ではランナーコーチの判断や全力疾走が勝負の分け目となることもある。そういった意味で和歌山大の走塁は素晴らしいお手本だった。

和歌山大の三塁ランナーコーチ・長岡広平

<関連記事はこちら>
◆【一覧】和歌山大野球部 新入生
◆新基準バットで重要性がアップ!選抜8強進出全チームの「三塁ベースコーチ」が明かす「ボクの飛ばないバット対策」
◆ソフトバンク柳田の母校・広島経済大にプロ注目スラッガーが現れる! 「進路はプロ1本で」
【全日本大学野球選手権】

◆【一覧】全日本大学選手権 出場校一覧
◆【一覧】大学選手権注目選手リスト
◆全日本大学選手権 注目選手紹介・投手編
◆全日本大学選手権 注目選手紹介・野手編
◆大学選手権注目ルーキーリスト

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.17

長野8強決定!松商学園、長野日大、東海大諏訪、佐久長聖などが勝ち上がる【2024夏の甲子園】

2024.07.17

元営業マンの監督が率いる大阪学院大高が夏初戦、春初優勝の勢いを夏にぶつける!17日大阪大会【2024夏の甲子園】

2024.07.17

【全国注目シード校・成績速報】神奈川では2校が4回戦で姿を消す、大阪、島根ではシードに明暗、昨夏初戦敗退の智辯和歌山はコールド勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.17

シード国士舘が過去5戦全敗の強敵・ノーシードの日大三に挑む!17日西東京大会【2024夏の甲子園】

2024.07.17

【全国ベスト8以上進出校一覧7・16】青森山田と八戸学院光星が8強入りし、準々決勝で対決!山梨、佐賀でも8強名乗り、北北海道では4強が決まる

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」