Column

【野球部マネージャー紹介】国分中央の3年生マネコンビ「絶対甲子園1勝しようね!」

2024.06.12


国分中央のマネージャー 左から落合日向(1年)梅田結花(2年)中馬あめり(3年)東祐来(3年)前田優依(2年)川島菜瑚(2年)

「全力疾走・最大発声・真剣勝負」のモットーのもと、昨今、鹿児島県内で安定した勝ち上がりをみせているのが国分中央だ。この夏も鹿児島県大会の頂点を虎視眈々と狙う。

今回は、国分中央を支える3年生マネージャーの中馬あめりと東祐来にマネージャーで得られた経験と国分中央の魅力を聞いた。中馬と東が、野球部のマネージャーの経験を通して成長を感じたのは礼儀と挨拶だという。
中馬は、「学校生活でも部活で学んだ礼儀や、積極性などたくさんのことを活かせる場面があります」と話す。東も、「一つひとつのことを責任をもってやるようになったり、礼儀やあいさつなど将来社会で大切なことをたくさん学んでいます」と語る。

またマネージャーの仕事としての楽しさを中馬はこう話す。
「みんなが活躍した時には一緒に喜ぶことができ、充実した学生生活を送れていることが嬉しいです」
東も「選手が頑張っている姿や一生懸命に必死に取り組んでいる姿を見られることが、マネージャーをしていて良かったなと感じる瞬間です」と語る。同年代でありながら球児のもっとも近い場所にいるのマネージャーだからこそ、選手の成長を一番に感じることができる。

そんな2人に、部活動を通しての一番の思い出を聞いてみた。中馬の一番の思い出は県選抜の記録員を務めたことだ。
「鹿児島県のマネージャーの中から一人しかできないことをするとなった時、嬉しい気持ちと同時に不安もたくさんありました。ですが、いざやってみると楽しいことばかりで不安は徐々に無くなりました。最後、円陣の中に一緒に入ることができてとても嬉しかったです。とても貴重な体験になったので学んだことを今後に活かしていきたいです」と当時の思いを話してくれた。
東は「部員から頼ってもらえたり、ありがとうと感謝されたり、 練習試合や公式戦で一生懸命頑張っていた選手が打ったときなどの成長を感じたときが一番の思い出です。試合で勝つことができたりしたときはとても最高です」と笑顔で話してくれた。

二人とも、部活動を通して、選手と一緒に汗を流しながら成長をしているのが伝わる。頼りになる3年生マネージャーについてキャプテンの東田誠矢は、「朝早くからお米を炊いたり、自分たちのために色々動いてくれて感謝しています」と話してくれた。

最後にマネジャー二人からの選手たちへのメッセージを紹介したい。
中馬あめり
「いつもお疲れ様です。日々の練習はきついことが多いし辛いこともたくさんあると思うけど、みんな頑張っていてさすがだなって思ってます。試合や練習試合の時のみんなもかっこいいけど練習で泥だらけになっているみんなもかっこいいです。練習が終ったあともみんな自主練習をしていて尊敬してます。これからも頑張ってね。マネージャーは支えることが仕事だけど部員に助けてもらったり支えてもらうことが多くて感謝しかないです。いつもありがとう。絶対に甲子園1勝しようね」

東祐来
「みんなへ いつもいつも笑わせてくれたり何気ない一言で元気、勇気をもらっています。いつも助かっているよ。マネージャーとして支えられているかは分からないけど、夏の甲子園まで一緒にベンチに入ることが私の一番の夢です。まだまだ先、きついことや辛いことがあると思うけど、私達の代で絶対に甲子園に行こうね」

チームの目標は甲子園で1勝。夏の大会までカウントダウンは始まっている。国分中央のマネージャーも選手と一緒に最後まで走り切るつもりだ。

<関連記事はこちら>
◆神村、鹿実の壁を破れ! 国分中央は「全力疾走・最大発声・真剣勝負」で鹿児島の頂点を狙う
◆【野球部訪問・国分中央】神村&鹿実を倒すカギは“伝統の守備力”!
◆野球小僧たちのチーム内バトルを経て、目指すは“甲子園1勝”【野球部訪問・国分中央】
◆【鹿児島NHK旗決勝レポート】神村学園が2年生バッテリーの活躍で優勝
◆【鹿児島NHK旗結果一覧】神村学園が2連覇!鹿屋農を下す
◆【トーナメント表】春季鹿児島県大会 結果一覧

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

今年の埼玉はプロ注目左腕2人が牽引! WBC優勝戦士の弟にも注目!夏を盛り上げる17人の好投手たち【埼玉注目投手リスト】

2024.06.18

【佐賀】伊万里が優勝<西北部地区大会>

2024.06.18

昨夏甲子園出場の東海大星翔進路紹介!遊撃手は阪神、エースは専修大、主将はレギュラーとして大学選手権出場!

2024.06.18

【茨城】19日に抽選会!県内12連勝中の常総学院に対抗するのは?<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得