Column

【野球部訪問・国分中央】神村&鹿実を倒すカギは“伝統の守備力”!

2024.06.12


国分中央の安井渉監督(右)と庄村孝大コーチ(左)

昨秋と今春の県大会でともに準々決勝進出を果たした国分中央。昨今、鹿児島県内で安定した試合運びで着実に結果を残している。目指すは「打倒・神村学園」「打倒・鹿児島実」だ。今回は、そんな国分中央の守備力にフォーカスする。

「練習試合で県外のチームさんからも、国分中央は守備がしっかりしていますねという話をよくいただきます」。そう安井渉監督が目を細めて話すのは、国分中央での伝統でもある守備力についてだ。

国分中央の守備の意識や捕球体勢やタイミングの技術はどのようにして身につけているのか。安井監督は、国分中央の伝統に加え、庄村コーチの存在が大きいと語る。
「守備力の高さは昔からですが、庄村コーチが前任監督の床次隆志さんと一緒に野球を指導していました。守備に関しては、庄村コーチがスペシャリストです」

庄村コーチは2016年の第98回大会で国分中央の主軸選手として活躍し、現在は教員として母校に戻り、副部長として指導にあたっている。
庄村コーチは、守備力向上のための具体的な練習方法について、このように語る。
「基本ではありますが、キャッチボールで、投げられたボールに対して正面に入るということは徹底しています。1メートルそれたボールでも正面に入って、両手で捕るというのをキャッチボールですごくこだわっています」
さらに、「ボールを正面でとって、すぐに握りかえて、素早くバンバン放り合う。キャッチボールでも焦って投げる動きを意識させています。試合の時は、絶対に急いだプレーしかしないので、同じようなプレーをキャッチボールでもやっておけば、試合と同じ状況が作れます」

選手にアドバイスする国分中央の庄村孝大コーチ

また、庄村コーチは、プレッシャーがあえてかかる状況での練習にも言及する。
「エラーできない、ミスをしたら、その練習が終わらないというような練習もやっています。そういうのが、球際の強さとか、ここぞという場面のボールの集中力にも繋がっているんじゃないかと思います」と述べる。目的は、選手たちが練習から試合に近いプレッシャーを与えることだ。例として、「内野手が、キャッチャー、サード、ショート、セカンド、ファーストそれぞれ守備位置についてワンバンを投げ合うという練習します。絶対誰でも捕れるボールをどこよりも丁寧に捕ろう、そういうような意識でやっています。それを4分間で時間設定して、4分間濃密に回し続ける。ミスをしたら、やり直しでまた始めからです。ミスも本当に一生懸命このボールが最後だという気持ちで取り入ったミスと、ちょっと気が抜けたような形で取り入った執念のない軽いミスがあります。気の抜けたミスは、選手間で指摘をし合う。そういう張り詰めた環境でやっているので、選手たちもエラーできない状況で、本当に試合の勝敗を左右するという気持ちでずっとやり続けています」と庄村コーチは語る。

このように試合に近い練習環境を指導者が作り出すのも大事であるが、国分中央のもう一つの武器は、伝統でもある選手たちが作り出す練習雰囲気も忘れてはならない。
「ミスに対して自分たちで指摘し合って、注意力が散漫だったりとか、気持ちが入ってないプレーに関しても、自分たちも指摘し合うというような環境は昔からあります」と庄村コーチは述べる。

この選手間の指摘は、入部してくる1年生にも良い影響を与える。安井監督は、「1年生も4月に入って、シートノックも3年生と一緒に入って練習します。1年生だから別メニューということはないです。もちろん1年生を外すメニューも一部はありますが。あとは3年生から練習中に厳しい声を1年生も受けたりしています」と述べ、新入生も早い段階から厳しい環境に身を置くことで、早期に適応し、成長することができると考えている。これこそ、国分中央の無形の力の一つとなる。

このような環境の中で練習するからこそ、国分中央は自然と守備力が上がってくる。また守備から話しは逸れるが、バント練習も同じである。安井監督は、練習でのプレッシャーが選手たちのバントの成功にもつながっていると話す。
「バントは、とにかく一発で決める。それはチームのテーマです。一回でもミスしようものなら、チーム間の指摘はすごい。練習中からもプレッシャーを、掛け合っているので、選手たちは練習試合や公式戦でもプレッシャーを感じないのでしょうね。しっかり決めていますね」

バントにおいても、守備においても選手への信頼は厚い。
「守備では大崩れすることは、ほとんどないです。カットプレーの意識づけもかなり高いと思うので、安心して選手たちを送り出せます」

伝統の国分中央の守備力が夏のここ一番で力を発揮するかもしれない。国分中央のこれからに注目したい。

<関連記事はこちら>
◆神村、鹿実の壁を破れ! 国分中央は「全力疾走・最大発声・真剣勝負」で鹿児島の頂点を狙う
◆野球小僧たちのチーム内バトルを経て、目指すは“甲子園1勝”【野球部訪問・国分中央】
◆【野球部マネージャー紹介】国分中央の3年生マネコンビ「絶対甲子園1勝しようね!」
◆【鹿児島NHK旗決勝レポート】神村学園が2年生バッテリーの活躍で優勝
◆【鹿児島NHK旗結果一覧】神村学園が2連覇!鹿屋農を下す
◆【トーナメント表】春季鹿児島県大会 結果一覧

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」