News

サプリメントを摂る前に【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.06.11


サプリメントのリスクを正しく理解し、食事内容を確認しよう

皆さんは体づくりのため、より良いパフォーマンスのためにどのようなことを意識していますか。中には「疲労軽減によさそう」「トレーニング効果を高めるために」といったことからサプリメントを入手する選手がいるかもしれません。今やさまざまなサプリメントが簡単に手に入る時代ですが、その前にサプリメントについて考えてみましょう。

サプリメント摂取のリスク

「エルゴジェニックエイド」という言葉を聞いたことはありますか。これはパフォーマンスを高めることが期待される物質や成分を含んだサプリメントのことを指し、例えばプレーの場面において瞬発力を発揮したり、スタミナに貢献したり、疲労状態からの素早い回復を促すような作用が期待できるもののことです。よく知られている物質としてはカフェインやクレアチンなどが挙げられます。ただしこのようなサプリメントに含まれる物質は食事から摂取することができるものです。

一方でサプリメントはあくまでも栄養補助食品であり、医薬品とは違ってすべての成分を表示する義務がありません。そのためサプリメントの摂取はドーピング違反になる可能性があり、禁止薬物が混入していたり、含まれている成分によって健康を害するリスクが高まったりすることが考えられます。禁止物質を含まない安全な認証サプリメントであっても、製造過程において禁止物質が混入してしまうリスクは避けられません。

「これをとると調子がいい」は食生活の見直しを

ある特定のサプリメントをとると体調がいいと感じる場合、その栄養素が普段の食事で不足していることが考えられます。例えば朝食は菓子パンとジュースだけ、昼食は丼物の一品だけ、夕食は肉がメインで野菜不足・・・といった食事は、野球選手にとってふさわしい食生活でしょうか。おそらくビタミンやミネラル分が不足し、体調を崩しやすくなったり、ケガの回復が遅くなったりといったことが考えられます。「このサプリメントをとると調子がいい」というものがあれば、そのサプリメントに含まれている栄養素を食事から摂るように心がけましょう。

一方で特定の栄養素をサプリメントから摂り続けていると、過剰摂取による体への影響やアレルギーの心配があります。一般的に水溶性のビタミン(ビタミンB群やビタミンCなど)は摂りすぎても尿と一緒に排出されますが、脂溶性のビタミンやミネラル分などは過剰症によって体調に異変をきたすことが懸念されます。サプリメントはあくまで栄養補助食品であることを理解し、「必要な栄養素はまず食事から」という基本的な考え方を理解しておきましょう。

文:西村 典子
球児必見のコラム「セルフコンディショニングのススメ」はこちら!

この記事の執筆者: 西村 典子

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.18

花咲徳栄、エースが「ほぼストレートだけ」で1イニング三者連続三振!148キロ右腕・上原堆我が夏に見せた進化【埼玉大会】

2024.07.18

桐光学園16強進出! 継続試合も「学校に戻り対策を練った」法橋が投打に活躍、スクイズ失敗直後にタイムリー「なんとしてもカバーしたかった」【神奈川大会】

2024.07.17

長野8強決定!松商学園、長野日大、東海大諏訪、佐久長聖などが勝ち上がる【2024夏の甲子園】

2024.07.18

向上が3年ぶりのベスト8!2回裏に同点本塁打で勢いづき、藤沢翔陵を圧倒

2024.07.17

【全国注目シード校・成績速報】神奈川では2校が4回戦で姿を消す、大阪、島根ではシードに明暗、昨夏初戦敗退の智辯和歌山はコールド勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」