News

打撲とコンパートメント症候群【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.06.04


下腿部にあるコンパートメント(区画)

野球では打席内でデッドボールを受けたり、自打球が当たったりといった打撲が見られることがあります。打撲によって筋肉が損傷したものを筋挫傷(きんざしょう)と言いますが、多くの場合、腫れは翌日から数日で最大となり、その後次第に軽快していきます。ところが中には強い痛みや腫れによって早急に対応しなければならないケガも含まれています。急性コンパートメント症候群と呼ばれるケガについて理解しておきましょう。

急性コンパートメント症候群とは?

デッドボールや自打球による打撲(時には骨折)などによって組織内に出血や腫れが起こり、他の血管や神経などを圧迫して見た目以上に強い痛みを伴います。まれに組織が壊死(えし:細胞が死んでしまうこと)してしまうことがあります。特に下腿部(ふくらはぎ)、前腕部、大腿部などにみられるこの症状を急性コンパートメント症候群と呼びます。コンパートメントとは「区画」のことを意味し、最も多く見られる下腿部には区画が前方、外側、後方に2つ、計4つ存在します。それぞれの区画は区切られているために、一つの区画で出血や腫れが起こると血管や神経などを圧迫しやすくなってしまい、悪化するとその部分を切開して除圧(圧迫を取り除く)する手術が必要になるケースもあります。

急激な痛みやしびれは要注意

打撲の場合、まずできる応急手当としては氷などを使って患部を冷却するRICEです。当たった部位がこれ以上腫れないようにして、しばらく様子を見るようにします。急性コンパートメント症候群を疑う兆候(サイン)としては、時間の経過とともに現れる「見た目以上の強い痛み」「当たった部位より末端部分のしびれ(=神経の圧迫)」「末端部分が冷たい(=血流が滞っている)」といったことが挙げられます。このようなサインが見られたら、すみやかに医療機関を受診するようにします。また受診する際には「いつ受傷したか」というケガをした時間を伝えておくと良いでしょう。

デッドボールや自打球そのものは特別珍しいことではありませんが、当たった部位によっては適切な応急処置と医療機関への搬送が必要となります。特に下腿部、前腕部、大腿部への打撲はすみやかに応急手当を行いながら、急性コンパートメント症候群というケガがあることを覚えておきましょう。

文:西村 典子
球児必見のコラム「セルフコンディショニングのススメ」はこちら!

この記事の執筆者: 西村 典子

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.06

23年三重王者・いなべ総合が初戦で敗れる!9回に逆転満塁弾を許す

2024.07.07

上田西が0封に抑えられて初戦敗退 23年はオリドラ1を擁して甲子園出場

2024.07.07

滋賀大会では日野がサヨナラ勝ち、伊吹はコールド勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.06

MAX153キロ、高校通算39本塁打、偏差値70! 東京の超進学校に現れた“規格外の男”森井翔太郎の「気になる進路」

2024.07.06

高校生ドラフト期待度ランキング10位-1位 ドラフト上位有力“超高校級の逸材”の中から1位に輝いたのは…?【2024夏直前版】

2024.07.05

白山高元監督の“下剋上球児”再現はあるのか!? センバツ1勝の宇治山田商、2年生集団で東海大会準優勝の菰野など各ブロックの見所を紹介【2024夏・三重大会展望】

2024.07.05

春連覇した加藤学園は悲観達成を狙う! 静岡、日大三島、藤枝明誠、プロ注右腕・小船を擁する知徳らが行く手を阻む!?【2024夏・静岡大会展望】

2024.07.05

静岡大会ではノーシード勢が初戦、常葉大菊川、聖隷クリストファーが開幕6日に登場【2024夏の甲子園】

2024.07.05

三重大会が6日開幕、昨夏代表のいなべ総合が初日に登場【2024夏の甲子園】

2024.07.05

大阪大会は京セラドーム大阪で6日に開幕、大阪桐蔭は14日、履正社は14日に初戦【2024夏の甲子園】

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!