News

報徳学園、逆転サヨナラも8回までノーヒット。2試合で3得点と打線強化が課題に

2024.06.01


<第10回愛知招待試合:報徳学園2-1豊橋中央◇1日◇刈谷球場

報徳学園は招待試合第2試合で豊橋中央に2対1で逆転サヨナラ勝ちを収めた。
8回まで無安打に終わったが、2番安田 羽瑠内野手(3年)のセーフティバントが成功し、出塁。二死三塁から3番山岡 純平内野手(2年)の右前適時打で同点に追いつく。その後、二死一、二塁となって、5番中川 晴登内野手(3年)が左中間を破る適時二塁打でサヨナラを決めた。

しかし2試合18イニングでわずか3得点。豊橋中央戦は8回までノーヒットに抑えられていた。大角健二監督は勝利よりも打線に注文をつけた。
「打線については反省しかないですね。打つ準備ができていない。振り回して凡打。その反省から、コンパクトに振ろうとするもこじんまりなスイングになってしまう。空回りしていました。どの選手もどのカウントで振りにいくのか、相手に嫌な印象を与えるのか。そこまで気が回っていなかった。準備ができていないので、その通りの結果になったと思います」
2試合とも好投手擁するチームと対戦できたことで、夏までの各打者の意識改革が明確になった報徳学園。夏ではセンバツのような粘り強い打線を見せることができるか。

 

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.18

神奈川20日に準々決勝!春の王者・武相は唯一のノーシード横浜隼人と、横浜は秋の王者・桐光学園と対戦

2024.07.18

まさかの初戦敗退に「夢の中なのか……」、大阪学院大高“異変”続きで力を発揮できず【24年夏・大阪大会】

2024.07.18

樟南、川内商工のシード勢快勝!鹿児島水産、同点劇も実らず!【鹿児島大会9日目】

2024.07.18

大番狂わせでXのトレンドワード入り!同志社香里・北野、足をつりながらも大阪学院大高を抑え込む!【24年夏・大阪大会】

2024.07.18

桐光学園16強進出! 継続試合も「学校に戻り対策を練った」法橋が投打に活躍、スクイズ失敗直後にタイムリー「なんとしてもカバーしたかった」【神奈川大会】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」