News

【近畿】プロ注目の須磨翔風・槙野が、強力智辯和歌山打線に挑む<春季地区大会>

2024.05.31


槙野遥斗(須磨翔風)、西村一毅(京都国際)、麻田悠介(天理)

【トーナメント表】春季近畿大会 準々決勝までの結果

2024年春季近畿地区高校野球大会(兵庫)は6月1日、準決勝を迎える。全国でもレベルが高いとされる近畿地区王者は、4チームに絞られた。

対戦カードは以下の通り。

<明石トーカロ球場>
天理(奈良)-京都国際(京都)
須磨翔風(兵庫)-智辯和歌山(和歌山)

天理は初戦、麻田 悠介投手(3年)が、(兵庫)相手に8回1死までノーヒットの快投。わずか1安打だけの完封勝利を収めた。対する京都国際も、初戦の明石商(兵庫)で西村 一毅投手(2年)が7回5安打1失点の完投勝利で7回コールド勝ちに貢献した。どちらも安定した投手陣が武器で、ロースコアの展開となりそう。

初戦で創部以来、初の近畿大会勝利を挙げた須磨翔風は、過去3度の春季近畿大会優勝を誇る智辯和歌山に挑戦する。プロ注目の最速143キロ右腕・槙野 遥斗投手(3年)が、初戦で大阪代表の大阪学院大高相手に1失点(自責0)完投勝利を挙げた。伝統の強力打線を誇る智辯和歌山相手には、どんな投球を見せるのか。チーム初の決勝進出へ、大きなカギを握る。

【トーナメント表】春季近畿大会 準々決勝までの結果

<関連記事>
◆【近畿大会注目チーム紹介】エース頼み脱却を目指してきた京都国際。「素質はプロ入り左腕と同等」の2年生左腕の台頭と打線強化で京都の大本命に成長!
◆【近畿大会注目チーム紹介】実力派監督就任で進化した奈良の名門・天理。超高校級の逸材3人を擁し、緻密な攻守で全国クラスのチームに!
◆春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.18

神奈川20日に準々決勝!春の王者・武相は唯一のノーシード横浜隼人と、横浜は秋の王者・桐光学園と対戦

2024.07.19

前原主将が決勝犠飛!鹿屋中央が国分中央との激戦を制する【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.19

鳥取城北が準決勝進出!米子松蔭-倉吉北は継続試合【2024年夏の甲子園・鳥取】

2024.07.19

兵庫ベスト16は常連の強豪に交じって、広島・新井監督の次男が所属する甲南が初の8強を狙う【2024夏の甲子園】

2024.07.19

東東京ベスト16一覧!唯一の都立の星、都立小山台の2年ぶり8強に期待【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」