News

【鹿児島NHK選抜大会】樟南が1点差逃げ切り、枕崎の追い上げもあと1歩及ばず

2024.05.30


新藤 侑芯(樟南)

<第66回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会:樟南5-4枕崎>◇28日◇2回戦◇平和リース

前日、樟南は立ち上がりに、1死満塁から押し出しと7番・村岡 竜之介(3年)の内野安打で2点を先取した。

その裏、枕崎は4番・尾﨑 陸也(3年)の左越え2ランで同点に追いつく。

3回、樟南は先頭の3番・坂口 優志(3年)が中越え二塁打を放ち、バントで送って、5番・政野 宏太(2年)が右前適時打を放って勝ち越した。

4回、樟南の攻撃が2死二塁となったところで、雨のため継続試合に。

この日の再開直後、3番・坂口 優志(3年)が中越え二塁打を放って2点差とした。6回には1死から1番・新藤 侑芯主将(3年)が右越え三塁打を放ち、2番・塚原 隼成(2年)がスクイズを決めて、リードを3点に広げた。

再開後は拙攻続きだった枕崎だったが、9回に連打と敵失で1点を返すと、6番・木村 拓真(2年)が右前適時打を放って、1点差に詰め寄った。

送りバントも決まって、1死二、三塁と一打サヨナラの好機が広がったが、樟南は先発の犬窪 晴人(2年)が踏ん張って後続を断ち、1点差で逃げ切った。

【鹿児島】鹿児島玉龍と樟南が8強へ<NHK旗>

<関連記事>
◆【鹿児島NHK選抜大会】鹿児島玉龍が点の取り合いを制してベスト8へ
◆【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

この記事の執筆者: 政 純一郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.18

神奈川20日に準々決勝!春の王者・武相は唯一のノーシード横浜隼人と、横浜は秋の王者・桐光学園と対戦

2024.07.19

前原主将が決勝犠飛!鹿屋中央が国分中央との激戦を制する【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.19

鳥取城北が準決勝進出!米子松蔭-倉吉北は継続試合【2024年夏の甲子園・鳥取】

2024.07.19

兵庫ベスト16は常連の強豪に交じって、広島・新井監督の次男が所属する甲南が初の8強を狙う【2024夏の甲子園】

2024.07.19

神村学園、見事な序盤の速攻! 7回コールドで8強へ【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」