News

”魔曲”も登場! 9連勝千葉ロッテを支える今季の新戦力

2024.05.29


花咲徳栄時代の愛斗、明治大時代の上田 希由翔

プロ野球は開幕からおよそ2カ月が経過し、交流戦がスタートした。各球団ともにドラフトで獲得した選手や新外国人、あるいは移籍で加わった新戦力たちが結果を残しつつある。

パ・リーグのロッテは交流戦前まで、貯金6の3位につけている。その打線の軸を担っているのが、DeNAを自由契約となって今シーズンから加わったソト内野手。ここまで43試合の出場で、打率.265(162打数43安打)、5本塁打、24打点と、まずまずの数字を残している。打順は固定されていないが、4番(33試合)、3番(7試合)、2番(3試合)と、上位打線で起用されてきた。

また、応援団を中心としたファンによるソトへの応援も盛り上がり、その応援歌はまるで「魔曲」のよう。SNSなどでも話題となっている。DeNA時代は故障もあり、ここ2年連続で規定打席は未到達だったが、今シーズンはここまで順調。このままケガなく過ごし、チームを上位に導いていくことが求められる。

現役ドラフトで加入した愛斗外野手(花咲徳栄出身)と、ドラフト1位ルーキーの上田 希由翔内野手(愛知産大三河出身)も、すでに1軍で出場している。しかし、愛斗は12試合で打率.118(17打数2安打)、上田は10試合で打率.217(23打数5安打)と、打撃で結果を残すことができず、ともに現在は登録抹消中だ。

投手では、今シーズンから加わったダイクストラ投手が、3試合(2先発)で1勝0敗、防御率1.64と出足は順調だった。しかし、5月7日の登板を最後に1軍での登板はない。

※数字は2024年5月27日現在

<関連記事はこちら>
◆首位独走!ソフトバンクの今季新戦力の活躍度は?
◆好調・日本ハムを支える山崎福也、初のタイトル獲得へ!
◆セ首位阪神とほぼ同じ勝率! 日本ハムを支える守護神”圧巻の数字”
◆低迷するチームのカンフル剤に! 西武期待の3人
◆打撃不調の阪神、今季新戦力野手の出場ゼロでも首位に立つ強さ
◆新戦力を積極起用のDeNA、今後の巻き返しのキーマンは!?

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.18

神奈川20日に準々決勝!春の王者・武相は唯一のノーシード横浜隼人と、横浜は秋の王者・桐光学園と対戦

2024.07.18

まさかの初戦敗退に「夢の中なのか……」、大阪学院大高“異変”続きで力を発揮できず【24年夏・大阪大会】

2024.07.18

樟南、川内商工のシード勢快勝!鹿児島水産、同点劇も実らず!【鹿児島大会9日目】

2024.07.18

茨城ベスト16決定!昨夏代表の土浦日大と水戸商がコールド勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.18

大番狂わせでXのトレンドワード入り!同志社香里・北野、足をつりながらも大阪学院大高を抑え込む!【24年夏・大阪大会】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」