試合レポート

【春季関東大会】白鷗大足利、“第3の投手”が決勝の舞台で躍動する! 152キロ昆野、相模&帝京を無失点の山口に続いて野澤瑛斗が好救援で優勝を引き寄せる!

2024.05.27


白鷗大足利・野澤瑛斗

<春季関東大会:常総学院4-5×白鷗大足利>◇26日◇決勝◇上毛新聞敷島球場

初優勝を果たした白鴎大足利は今大会、自己最速を更新する152キロのストレートを投げ込んだ昆野 太晴投手(3年)と、東海大相模帝京を無失点に抑えた山口 幸大投手(3年)が成長を大きく遂げた。

迎えた常総学院との決勝戦。投手陣で存在感を示したのは、この日3番手でマウンドにあがった野澤 瑛斗投手(2年)だった。7回に2点を追加され、なおも2死1、2塁の苦しい状況で登板したが、「バッターが積極的に打ちに来たので助かった」と、センターフライに抑えてピンチをしのぐ。その後も120キロ台のストレートとスライダー、カーブを巧みに操り、終盤の緊迫した展開の中、3回零封で勝利に貢献した。

これには直井秀太監督も、「想像以上の働きをしてくれて、嬉しい誤算でした。春の県大会決勝戦でも最後投げてくれたので、何か持っているのかな」と称えた。ベンチ前ではリリーフで待機していた山口がキャッチボールをして登板準備もしていたが、「夏の甲子園を目指す上でも、疲労感や重圧が大きくなる。野澤が苦しい場面でどれだけの投球を見せてくれるかという所で、この日はいい働きを見せてくれた」と褒めちぎった。

決勝の登板で存在感を示した野澤は、「上のレベルに上がっていくと、球速も足りない」と、135キロを目標に掲げ、筋トレなどで下半身強化を行い球速アップを図る。この春で2枚看板へと成長を遂げた昆野、山口に続く戦力としても期待を受けるが、「まずは夏まで調子を落とさず、ベンチ入りしてチームに貢献したい」と謙虚さも忘れない。連戦を戦う上で、野澤がさらなる成長を遂げれば、チームにとっても貴重な戦力となる。

〈関連記事はこちら〉
◇【春季関東大会注目野手一覧】
◇【春季関東大会注目投手一覧】

この記事の執筆者: 塩澤 風太

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

千葉の夏連覇を狙う専大松戸が初戦!13日千葉大会【2024夏の甲子園】

2024.07.12

校名が消える……プロも輩出・塔南最後の夏はコールド発進!140キロ右腕2人を擁する好チーム「甲子園に名前を刻みたい」【24年夏・京都大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】