Column

史上89人目のノーヒットノーランを達成した戸郷翔征(巨人)、プロでの活躍を予感させた高校日本代表戦の快投【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.21』】

2024.05.26


聖心ウルスラ時代の戸郷 翔征

大学代表の投手とひけをとらないレベルになっていた戸郷の最終学年の投球

直球は140キロ前半から常時140キロ後半の速球を投げ込み、最速149キロを計測。そして変化球は130キロ後半のスプリット。130キロ後半のカットボール、130キロ前半のスライダー。いずれも手元で大きく変化し、高校日本代表打線から次々と三振を奪います。5.1回を投げて9奪三振、2失点の投球でした。根尾 昂投手(大阪桐蔭-中日)から3球三振を奪った時の歓声は凄いものがありました。

戸郷投手と対戦した高校日本代表の打者は大学代表との壮行試合でレベルの高い投手と対戦済みですが、試合後にどの打者に聞いても「大学代表の投手と変わらないレベルでした」と脱帽の様子でした。この快投に戸郷投手は「自己最速の149キロが出たのは、たくさんのお客さんがいたサンマリンの雰囲気から出たものだと思います。根尾君から三振を取れるとは思っていなかったので嬉しかったですし、今日は自分の力強い真っすぐで押していけと監督からもいわれていたので、それができてよかったです」と語った。

この試合でプロ志望を宣言した戸郷投手ですが、ドラフトでは巨人から6位指名と決して高い評価ではありませんでした。戸郷投手はテークバックをとった時の右腕が背中側に大きく引いて、ぶん回す「アーム式」と呼ばれる投球フォーム。このフォームで活躍する投手は少なかったこともあり、評価は上がりませんでした。ただ、速球の勢い、変化球の精度の高さはドラフト上位指名を受けた高校生と遜色ないレベルだったので、結果を残せば、見方は変わるだろうと思っていました。

すると1年目から急成長を遂げ、一軍登板を経験。高卒2年目からローテーション入りし、昨年はWBC代表にも選ばれ、2年連続で12勝を記録。昨年まで通算43勝。今年はノーヒットノーランを含め4勝を記録。防御率1.86はリーグ6位と今シーズンも好成績を残します。

今はこの世代を牽引する戸郷投手。高校時代から伸び悩むことなく、一歩ずつ階段を登っていく姿を見て、とても嬉しく思います。このノーヒットノーランを機に、投手タイトルをすべて狙える成績を残すことを期待しています。

戸郷 翔征(巨人)

*『主筆・河嶋宗一コラム グラカン!』は毎週日曜配信します。

【関連記事】
◆並外れた成長力で首脳陣を驚愕させる巨人期待の星・戸郷翔征。高校時代に2回起こった覚醒エピソード
◆【僕らの熱い夏2017】聖心ウルスラ学園(宮崎)
◆素晴らしいパフォーマンスを見せた宮崎県選抜 戸郷翔征・源隆馬・小幡竜平の3人に注目!

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.18

神奈川20日に準々決勝!春の王者・武相は唯一のノーシード横浜隼人と、横浜は秋の王者・桐光学園と対戦

2024.07.18

熊本で8強決定!九州学院、熊本工らが進出、進学校・熊本の粘りもあと1歩届かず【2024夏の甲子園】

2024.07.18

兵庫では報徳学園、東洋大姫路がベスト16入り、甲南が9回3点差逆転のサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.18

大分では明豊、大分、津久見などベスト16決定!高田、大分上野丘の快進撃に期待【2024夏の甲子園】

2024.07.18

栃木16強決定!白鷗大足利を破った波乱の主役・鹿沼商工の快進撃に期待【2024夏の高校野球】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」