News

【近畿大会注目チーム紹介】実力派監督就任で進化した奈良の名門・天理。超高校級の逸材3人を擁し、緻密な攻守で全国クラスのチームに!

2024.05.26


左から永末 峻也、松本 大和、大谷 汰一(天理)

【トーナメント表】春季近畿大会 結果一覧

奈良の名門・天理。今春の県大会では55得点の強打で優勝を収めたが、近畿大会の戦でも11得点を上げた。今年から大学選手権常連の天理大を率いていた藤原 忠理監督が就任した天理はどんな変化があったのか。注目選手を紹介していきたい。

藤原監督就任で戦術面がレベルアップ

まず攻撃面では犠打、盗塁、エンドランなど細かい攻撃が増えた。3番に座った永末 峻也外野手(2年)は「以前、走者が出た時はとにかく打つという感じでしたが、今は状況に応じて作戦が増えて、どういう打撃をすればいいのか考える時間が増えた」と語る。

また選手たちの打撃を見ると、無駄なボール球に手を出さない。ファールで粘ったりしている。藤原監督は選手たちに簡単にアウトにならない、無駄な打席にしないことを伝えている。この試合ではの好右腕・福田 海晴投手(3年)の前に4回まで4奪三振、無失点に抑えられていたが、4回まで59球とやや多いペースだった。そして5回に5安打を集め、福田から計6得点を奪った。その攻撃を見ると、ファールで粘りながら甘い球を狙ってヒット、初球から狙い打ってのヒットと内容のある攻撃だった。

選手たちに伝えているのは自分の能力を過大評価しないことだ。
「自分は長打が打てると思って、無駄に振り回してしまうのは良くない。今日は4番の松本(大和)が5の0ですが、キャプテンでもあるのに、この内容は失格とも言えます」
選手たちの打撃フォームを見ると実にコンパクトなスイング軌道をしている。最初から長打を狙うのではなく、的確にミートを心がける結果が長打と大量点を生むのだろう。

松本、大谷のスラッガーだけではない。藤原監督高評価の2年生ショートなど野手は逸材揃い

今年の天理は4番・松本 大和内野手、大谷 汰一外野手の2人がキーマン。最も長打が期待出来る選手で、打席に入っても威圧感がある。3番に入る永末は期待の2年生打者。シャープなスイングが光り、思い切りも良い。松本、大谷の2人の存在について「3番を任されたときはかなり緊張しましたけど、とても頼りになる2人が後を打っているので、思い切り振れます。打撃の考え方などをいろいろ学ばせてもらっています」と信頼を寄せている。
 
2番ショート・赤埴 幸輝内野手(2年)は来年の全国クラスの遊撃手になるかもしれない逸材だ。フットワークが軽快で、1つ1つの動きにセンスの高さを感じる。シャープなスイングから鋭い打球を飛ばし、4打数2安打の活躍。藤原監督は「現時点でも高い守備をしていますが、もっとすごくなる選手」と絶賛する。

下位打線にもパンチ力ある打撃が持ち味の豊田 竜都捕手(2年)、軽快な二塁守備とミート力の高い打撃が光る川村 誠志郎内野手(3年)など能力の高い打者が控えている。

投手陣では8回一死までノーヒットピッチングを見せていた麻田 悠介投手(3年)の成長が著しい。最速136キロの直球、スライダー、チェンジアップを操る技巧派左腕だ。最終的に1安打完封勝利を収め、藤原監督は「この完封はさらに自信をつける勝利になる」と評価しつつ、こう注文をつけた。
「まだ簡単な四球を与えています。そうなる要因としては2ボールからさらに際どいところに投げようとしているところ。ストライクが取れればいいですが、ボールになる確率が高くなり、ノースリーになってしまう。そうではなくて、ファールを打たせる投球をすること。ファールを打たせるにはストライクを投げることになるので、しっかりとストライクを投げる技術、球威が身につけば、もっと投球は良くなると思います」

攻守ともに緻密なチームになりつつある天理。全国クラスの松本、大谷、赤埴の3人を擁し、その他の選手たちのレベルも高い。この夏はかなり躍進が期待できそうだ。

8回途中まで無安打の投球を見せた麻田悠介(天理)

【トーナメント表】春季近畿大会 結果一覧

次のページ:【一覧】近畿大会ベンチ入り選手

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

校名が消える……プロも輩出・塔南最後の夏はコールド発進!140キロ右腕2人を擁する好チーム「甲子園に名前を刻みたい」【24年夏・京都大会】

2024.07.12

千葉の夏連覇を狙う専大松戸が初戦!13日千葉大会【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】