News

198センチ左腕・藤田琉生(東海大相模)が高校生No.1左腕になるための課題は?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.24


藤田 琉生(東海大相模)

この春、注目度が上がった198センチ左腕・藤田 琉生投手(東海大相模)。春季神奈川県大会では桐蔭学園に完封、横浜に完投勝利をあげた。関東大会では専大松戸に6回2失点の力投を見せ、昨秋から急成長を見せている。今回は高卒プロ入りするための課題を考えていきたい。

この春のストレートは130キロ後半〜140キロ前半で最速は144キロ。ドラフト候補に挙がる左腕としては突出したものではないが、藤田の大きな武器は長身を生かした角度だ。遠くへ飛ばすのは難しく、打たれた長打は少なかった。このフォームはバレーボールで培った。スパイクを打つ練習を行ったところ、今のフォームが自然とできるようになったという。

球質は申し分ないが、もう少しストレートの球速が上がれば、スカウトの評価はより高くなるだろう。過去にプロ入りした左腕と比較すると、今年、ブレイクの兆しが見える192センチの羽田 慎之介投手(八王子-西武)は春の時点で149キロ。東海大相模の先輩・小笠原 慎之介投手(中日)も149キロをマークしていた。夏までに出力向上を期待したい。

変化球は120キロ前半のチェンジアップ、110キロ前後のカーブが中心。基本的に縦変化で勝負。以前はスライダーを投げていたが、投げる際に手首が寝てしまうのと、横振りになってしまうことから、封印をした。高校生としてはキレは悪くないが、空振りが奪えるまでの精度を求めたい。

長身投手は細かな制球に欠けたり、調子の波が大きいところはあるが、藤田はいつでも試合を作れる能力がある。激戦区・神奈川で勝ち抜くには必要不可欠の能力であり、厳しい環境で培ったものといえるだろう。他の長身投手にはない武器である。牽制は巧みで、クイック、フィールディング、ベースカバーの意識も悪くないが、まだまだ練習する必要があるだろう。

角度のある球質は魅力的だが、もっとスケールの大きいストレートを投げて欲しい。今年の高校生左腕の候補を見ると、147キロ左腕・洗平 比呂投手(八戸学院光星)、最速147キロ左腕・高橋 幸佑投手(北照)、144キロ左腕・金渕 光希投手(八戸工大一)などがいるが、全体的に不足しているだけに、藤田はこの夏までにさらに成長すれば、同世代に一歩リードできる存在となる。高校生No.1左腕と呼ばれる存在になれるか注目していきたい。

<関連記事>
◇198センチの大型左腕・藤田 琉生投手(東海大相模)は苦しみながらも6回2失点の粘投!バレーボールがルーツの豪快フォームで今年のNo.1左腕へ!【春季関東大会逸材分析】
◇【春季関東大会注目投手一覧】
◇【春季関東大会注目野手一覧】
◇【一覧】ドラフト候補リスト・春季大会最新版

 

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」