News

【春季関東大会】帝京が2試合連続コールド勝ち!3ラン2発で強打の花咲徳栄下す!準決勝はプロ注目右腕・昆野太晴投手擁する白鷗大足利と対戦へ!

2024.05.21


コールド勝ちで笑顔を見せる帝京の選手達

<春季関東大会:花咲徳栄5-12帝京◇21日◇準々決勝◇敷島球場

帝京が粘る花咲徳栄打線を振り切って準決勝進出。この日も2本の3ランが飛び出すなど、強力打線が関東大会でも猛威を振るっている。

先発を任された村松 秀心投手(2年)は、先制を許したが2回の1、2塁のチャンスで自らを助ける3ランを放ち逆転に成功。その後も4回に奈良 飛雄馬内野手(3年)に2試合連発となる3ランが飛び出るなど、リードを広げた。
中盤以降は花咲徳栄も追い上げを見せたが、8回に2点を奪ってコールド勝ちをおさめた。金田 優哉監督は、「タフな試合でしたが、都大会では試合を決めきる部分が課題だったので、最後コールド勝ちできたことは収穫」と振り返っていた。

勝ち上がった帝京は、準決勝でプロ注目の最速152キロ右腕・昆野 太晴投手(3年)擁する白鷗大足利と対戦する。

【トーナメント表】春季関東大会 20日までの結果

<関連記事はこちら>
◆【春季関東大会注目投手一覧】
◆【春季関東大会注目野手一覧】
◆【関東大会注目チーム紹介】帝京
◆【関東大会注目チーム紹介】花咲徳栄
◆あのスターたちも春季関東大会に出場していた!モノが違った8人の逸材たち

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

12日の和歌山は雨天中止、大会日程は1日ずつ繰り下げて決勝は29日に【2024夏の甲子園】

2024.07.11

福岡大大濠に現れた大型右腕・柴田獅子! 山下舜平太に次ぐドラフト上位指名クラスの逸材だ!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.07.12

センバツ準V・報徳学園がコールド発進も、プロ注目右腕がピリッとせず…九州国際大付、東海大福岡は16強入り【全国実力校・11日の試合結果】

2024.07.11

神戸国際大附が滝川の150キロ右腕を攻略し、3回戦進出!【24年夏甲子園・兵庫大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】