試合レポート

【春季関東大会】2枚看板でセンバツV・健大高崎に第3のエース級が台頭! 2年生・下重賢慎に「プロを狙える」と指揮官も絶賛

2024.05.20


下重 賢慎(健大高崎)

【トーナメント表】春季関東大会 結果一覧

<春季関東大会:健大高崎10-0宇都宮商>◇19日◇2回戦◇上毛敷島野球場

センバツ優勝の健大高崎が関東大会初戦を迎え、圧巻の5回コールド勝ちを収めた。この試合で最も光ったのは、2年生左腕・下重 賢慎投手だ。群馬県大会決勝戦で6.1回を投げて無失点の好投をみせて評価を高め、先週の11日、12日の宮崎県招待試合でも好投をみせ、初戦の先発を任せられた。1回表の一死から3回表の二死まで8者連続三振。3回を投げて無安打の快投だった。

ストレートのスピードは常時130キロ中盤〜138キロ。140キロ超えはなかったが、ストレートのキレが素晴らしく、両サイドにしっかりとコントロールができて、高めでも空振りを奪うことができる。同学年には、146キロ左腕・佐藤 龍月投手、150キロ右腕・石垣 元気投手がいるが、青柳 博文監督はこの2人に負けない素質を持った投手と評する。
「良い角度のストレートを投げますよね。入学当初から素質のある投手と評価していて、だんだん実力がついてきました。2人にはない角度のあるストレートを投げられていますし、いずれはプロを狙える実力を持った投手だと評価しています」

プロ注目の箱山 遥人捕手(3年)も高評価する。
「非常にリズムが良くて、コントロールも良いので、捕手としてはかなりリードがしやすい投手です。要求したところにしっかりと投げてくれるので、僕自身のリードが試される投手です。また長い腕を畳んで、打者に近いところで、肘を使って投げるので、相当打ちにくいと思います」

140キロを超える佐藤、石垣と比べるとスピード面は物足りないかもしれないが、ストライク先行ができて、182センチの長身から投げ込むので、ストレートにも角度があり、クロス気味に入ってくる軌道は打ちにくく、テンポも良いので、安心して見ていられる。フィールディングの動きも軽快で、素材の良さと完成度を兼ね備えた左腕。高校2年春でこのレベルは非常に高く、順調に球速がアップすれば、ドラフト候補としてリストアップされるのも時間の問題だと思う。

下重は「ストレートの走りがとても良かった。とにかく2人に負けたくないこと。結果を残せていることに、気持ちも乗っていると思います」と2人への対抗心がモチベーションとなっている。

佐藤、石垣、下重とタイプが違う実力派の投手が3人もいる健大高崎の投手陣は凄まじい。佐藤、石垣は今大会は登板予定。来年夏まで3人のエース争いが見逃せない。

【トーナメント表】春季関東大会 結果一覧

<関連記事>
◇センバツV・健大高崎は夏も強い! Wエース抜きで県大会優勝、投打に新戦力が台頭中!
◇【春季関東大会】センバツ優勝の健大高崎が圧巻の5回コールド勝ち!関東大会は2日間を終えて6試合コールドゲーム!
◇【春季関東大会注目投手一覧】
◇【春季関東大会注目野手一覧】

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

島根が開幕!島根中央が7回コールドで完封勝利を挙げる【2024夏の甲子園】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

北海敗退、連勝は29で止まる!札幌光星、札幌日大、札幌大谷が南北海道8強へ【2024夏の甲子園】

2024.07.12

岩手では盛岡工が逆転勝ち、花巻北、盛岡中央も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!