試合レポート

鹿島学園の左腕・大窪健介が7回9奪三振の好投! 覚醒の裏にあったのは、元プロ大物コーチの指導【春季関東大会逸材分析】

2024.05.19


大窪 健介(鹿島学園)

【トーナメント表】春季関東地区大会 結果一覧

<春季関東大会:鹿島学園2-1樹徳>◇18日◇1回戦◇上毛敷島球場

今年の関東大会開幕戦は鹿島学園が2対1で樹徳を破り、開幕戦を制した。
勝利の立役者となったのは、左腕・大窪 健介投手(3年)。テクニックが長けた左腕だった。セットポジションから始動し、右腕のグラブを閉じるように突き出してスリークォーター気味に投げる独特の投球フォームをしている。

ストレートは常時120キロ後半〜134キロ程度。突出した球速ではないが、手元で切れる球質で高めで空振りを奪うことができる。110キロ前半のスライダー、100キロ台のカーブは手元で沈み、上手くタイミングをずらしている。

この試合では低めに変化球を集めてカウントを整え、追い込んでからは高めのストレートで三振を奪ったり、ストレートに狙いを絞っている打者に対してはスライダーで空振りを奪ったりと、打者の狙いを見て投球ができていた。7回を投げて、9奪三振、1失点の好投。直球、変化球のコンビネーションが抜群だった。

この春から主戦投手へ成長したが、きっかけはベイスターズで監督経験があり、NPB球団の投手コーチとして手腕を発揮した尾花 高夫氏が2月からコーチに就任。尾花コーチから足を上げる時、身体が反る癖を直すために、セットポジションで前傾姿勢で投げるフォームにしたところ、制球力が大きく改善し、県大会でも好投を魅せた。

大窪は「試合を楽しむことをテーマにしていたので、自分の投球が出来て嬉しい」と喜んだ。
171センチ66キロと華奢な体型。しなやかな腕の振りをしていて、現時点でも130キロ中盤の速球を投げられる能力はあって、キレの良いストレートを投げる。大学では大きく化けて、140キロ中盤の速球で勝負出来る投手になるかもしれない。将来、大化けの要素を秘めた逸材だった。

【トーナメント表】春季関東地区大会 結果一覧

〈関連記事はこちら〉
◇【春季関東大会注目野手一覧】
◇【春季関東大会注目投手一覧】
◇【春季関東大会】東海大菅生3番・小上防登生の先制打が決勝点!1年時秋からレギュラーを張る打棒は元ヤクルト・宮本慎也氏の教えでさらなる成長遂げる!
◇【春季関東大会】昌平・山根大翔が公式戦初となる1試合2本塁打!高校通算23発の強打者は「投げるコースが無いと思わせたい」とさらなる進化誓う
◇関東大会初戦で白鴎大足利・昆野大晴が自己最速152キロを記録! 今朝丸、平嶋に並ぶ高校生トップレベルの投手だ!【春季関東大会逸材分析】

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」