試合レポート

198センチの大型左腕・藤田 琉生投手(東海大相模)は苦しみながらも6回2失点の粘投!バレーボールがルーツの豪快フォームで今年のNo.1左腕へ!【春季関東大会逸材分析】

2024.05.19


藤田 琉生(東海大相模)

【トーナメント表】春季関東地区大会 結果一覧

<春季関東大会:東海大相模9-3専大松戸>◇18日◇2回戦◇上毛敷島球場

198センチの大型左腕・藤田 琉生投手(東海大相模)の投球に注目が集まった。最速は144キロを計測したが、6回102球、2奪三振、2失点。圧倒的な投球ではなく、とにかく苦しい投球だった。専大松戸はファールで粘ったり、セーフティで長身の藤田が動きにくい三塁線へ転がしたり、初回から盗塁を仕掛けられたり、自分のリズムで投球ができなかった。

それでも投げ急がず、抑えたのは評価ができる。どのイニングでも140キロ超えのストレートは投げていて、120キロ前半のチェンジアップ、スラーブ気味の110キロ後半のスライダーでカウントを取り、要所では140キロ台のストレートで押す投球を見せていた。これほどの長身左腕であるが、牽制はうまく、バタバタしないのも良い。

「入学当初は全く動けず、今もまだだめですけど、もっとバタバタしていた記憶があります。とにかくその面は鍛えられました」と振り返る。

藤田 琉生投手(東海大相模)

これほどの長身投手で真上から振り下ろせる投球フォームをしているのは大きな長所。なぜこのフォームができるのか。それはバレーボールが関係している。両親がバレーボール選手だったということもあり、小学校の時からバレーボールをしていた。バレーボールのスパイクを打つ練習を行ったところ、今のフォームが自然とできるようになった。今も投球フォームの修正を行う際にバレーボールを使って投げることもあるようだ。

今年の高校生左腕を見ると、147キロ左腕・洗平 比呂投手(八戸学院光星)、同じく最速147キロ左腕・高橋 幸佑投手(北照)が目立つが、全体的に不足している傾向にあるだけに198センチの大型左腕の藤田は貴重な存在。レベルの高い関東大会で粘り強く試合が作れたのは評価できる。あとは球速・球威をベースアップできれば、高校生No.1左腕と評価される可能性は十分にある。

藤田 琉生投手(東海大相模)

【トーナメント表】春季関東地区大会 結果一覧

〈関連記事はこちら〉
◇【春季関東大会注目野手一覧】
◇【春季関東大会注目投手一覧】
◇関東大会初戦で白鴎大足利・昆野大晴が自己最速152キロを記録! 今朝丸、平嶋に並ぶ高校生トップレベルの投手だ!【春季関東大会逸材分析】
◇前橋商の192cmの剛腕・清水 大暉、悔しい4回5失点も将来性は一級品!課題は再現性だ!【春季関東大会逸材分析】
◇【春季関東大会】昌平・山根大翔が公式戦初となる1試合2本塁打!高校通算23発の強打者は「投げるコースが無いと思わせたい」とさらなる進化誓う

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.11

福岡大大濠に現れた大型右腕・柴田獅子! 山下舜平太に次ぐドラフト上位指名クラスの逸材だ!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.07.11

神戸国際大附が滝川の150キロ右腕を攻略し、3回戦進出!【24年夏甲子園・兵庫大会】

2024.07.11

MAX120キロ”遅速左腕”が完投! 豊富な投手陣誇る桜井が昨秋4位校破る【24夏・奈良大会】

2024.07.10

【全国注目シード校・成績速報】神奈川、山梨、京都でシード勢がすべて初戦突破、福岡では鞍手が1点に泣く【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】