試合レポート

前橋商の192cmの剛腕・清水 大暉、悔しい4回5失点も将来性は一級品!課題は再現性だ!【春季関東大会逸材分析】

2024.05.19


清水 大暉(前橋商)

【トーナメント表】春季関東地区大会 結果一覧

<春季関東大会:白鷗大足利9-2前橋商>◇18日◇2回戦◇上毛敷島球場

前橋商の剛腕・清水 大暉投手(3年)が白鷗大足利戦で先発し、4回5失点の悔しい投球に終わった。3回に足に打球直撃する不運もあった。清水は「その影響はない」と語ったが、140キロ中盤を連発していた初回と比べると4回は130キロ台の直球もボールも多くなり、ばらつきがあった。

最速152キロを計測し、7回1失点の好投を見せた昆野 太晴投手(白鷗大足利)と比較すると、完成度は劣る。とはいえ、素材、将来性はA級。十分に魅力的だった。
192センチの長身を活かし、オーバースローで投げ込む角度のある140キロ中盤の速球は魅力があり、対戦した白鷗大足利の各打者も「角度があって威力を感じた」とコメントをしていた。いずれは150キロ後半の速球を投げられる馬力は感じられる。

それでも清水は「今日は回転の良いストレートは全く投げられませんでした。白鷗大足利打線はレベルが高いというのは分かっていましたし、今のコントロール、球質ならば、打たれて当然だと思っています」と反省のコメント。この試合の最速は146キロ。どのイニングも145キロ以上は数球投げていた。清水は「スピードが出ていても自分が納得するボールは投げられておらず、130キロ後半でも空振りが奪えたストレートがあったのですが、ああいう伸びのある直球を常に投げられるようにしないといけない」と課題を口にした。

変化球は110キロ後半のスライダー、100キロ台のカーブを投げ、数球だけだが130キロ前半のスプリットを投げていた。ただカウントを取るだけで明確なコンビネーションになっていなかった。群馬県大会では19回22奪三振、自責点1の投球と比較すると、物足りなさが残った。

課題は再現性。真上から振り下ろすストレートは角度があって打者から捉えられにくい分、質にばらつきがある。かといってコントロール重視でスリークォーターにする必要はないと思う。今の投球フォームで、失点を気にせず、ベースを高めていけば、夏には常時140キロ後半で圧倒できる球質のあるストレートを投げることができるだろう。

清水が良いのは変化球に頼りすぎないところ。甲子園を目指すには、物足りなさがあるかもしれないが、恵まれたポテンシャルを最大限に活かす方向性で勝負している。残り1ヶ月半の調整で、夏には完成度を高め、より評価を高める投球を魅せていきたい。

【トーナメント表】春季関東地区大会 結果一覧

〈関連記事はこちら〉
◇【春季関東大会注目野手一覧】
◇【春季関東大会注目投手一覧】
◇関東大会初戦で白鷗大足利・昆野太晴が自己最速152キロを記録! 今朝丸、平嶋に並ぶ高校生トップレベルの投手だ!【春季関東大会逸材分析】
◇【春季関東大会】東海大菅生3番・小上防登生の先制打が決勝点!1年時秋からレギュラーを張る打棒は元ヤクルト・宮本慎也氏の教えでさらなる成長遂げる!
◇【春季関東大会】昌平・山根大翔が公式戦初となる1試合2本塁打!高校通算23発の強打者は「投げるコースが無いと思わせたい」とさらなる進化誓う

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】