試合レポート

【NPB】松山市熱狂! 今季四国唯一のNPB公式戦にゆかりのある選手が続々登場

2024.05.15


ストレートの強弱で7回1失点の広島東洋カープ先発・床田 寛樹

球場開設3年目の2002年にスタートし、いまや四国地区の恒例行事となった愛媛県松山市・坊っちゃんスタジアムでのヤクルト主催公式戦。2年ぶりに2連戦へと戻った初戦は広島を迎え、5月14日(火)18時1分にプレイボールの時を迎えた。

広島にとっては瀬戸内海を挟み最も近いビジター戦という利点もあいまって18,363人もの観衆が詰めかける中、躍動したのは広島投打の軸。2年前にも坊っちゃんスタジアムで先発勝利投手となっている左腕・床田 寛樹投手(箕面学園-中部学院大)は6回表にこの日最速の147キロを出す余力を残しつつ、右打者には130キロ前半のチェンジアップ、120キロ台後半のスライダーを、左打者には130キロ中盤に到達するパームボールを効果的に配球し7回96球5安打2奪三振無失点で防御率と共にハーラートップに立つ4勝目。同じく2年前にも床田からマウンドを引き継いでいる2023年セ・リーグ最優秀中継ぎ投手・島内 颯太郎投手(光陵-九州共立大・)も155キロで場内をどよめかせ、最後は守護神・栗林 良吏投手(愛知黎明-名城大-トヨタ自動車)が流石の投球で3人で締めている。

加えて広島では、4番三塁手に定着した小園 海斗内野手(報徳学園)が試合後インタビューでは「たまたまです」と謙遜するも、「タイミングを早くとってピッチャーに入っていくことだけを意識する」成果を示しての6打席連続得点圏打点となる全2打点を叩き出す活躍。その他にも菊池 涼介内野手(武蔵工大二-中京学院大)の4打数4安打、6回裏二死満塁での中堅手・秋山 翔吾外野手(横浜創学館-八戸大-西武-MLBレッズ)の好守など攻守に光るプレーが多かった。

一方、敗れた東京ヤクルトも0対2の6回無死満塁からリリーフ登板した左腕・長谷川 宙輝投手(聖徳学園-ソフトバンク)も最速151キロ、常時140キロ後半のストレートを連発する圧巻投球で2回無失点。毎年松山で開催されている中学硬式四国王者決定戦・少年硬式野球四国選手権大会で、2016年大会MVPに輝いた武岡 龍世内野手(ヤング徳島ホークス-八戸学院光星)もチーム唯一の得点となった7回裏のソロアーチを含む2安打で故郷・四国への恩返しを果たしている。

史上最年少でのNPB通算200号に王手をかけ、打席のたびに大声援が響いたヤクルト・村上 宗隆内野手(九州学院)には安打こそ生まれなかったが、1球ごとにグラウンドを慣らす両軍内野陣や、対戦相手、審判へのリスペクトを忘れない両軍選手、監督コーチ陣の振る舞いなど四国地区のプレーヤー・指導者目線から見ても随所に参考になる部分がある好ゲームであった。

なお、本日5月15日(水)も同カードが18時より坊っちゃんスタジアムでプレイボール予定。ヤクルトは昨年、ドラフト2位指名の松本 健吾投手(東海大菅生-亜細亜大-トヨタ自動車)が公式戦初登板初先発。同球場では東海大菅生3年時の愛顔(えがお)つなぐえひめ国体以来に同球場での登板となる。広島も大学4年時に同球場で行われた米大学野球選手権に出場し、先発5回9奪三振無失点の好投を見せた広島・森下 暢仁投手(大分商-明治大)が先発。両先発右腕が思い出深きマウンドでどのようなパフォーマンスを見せるかにまずは注目が集まる。

この記事の執筆者: 寺下 友徳

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.18

桐光学園16強進出! 継続試合も「学校に戻り対策を練った」法橋が投打に活躍、スクイズ失敗直後にタイムリー「なんとしてもカバーしたかった」【神奈川大会】

2024.07.18

花咲徳栄、エースが「ほぼストレートだけ」で1イニング三者連続三振!148キロ右腕・上原堆我が夏に見せた進化【埼玉大会】

2024.07.17

長野8強決定!松商学園、長野日大、東海大諏訪、佐久長聖などが勝ち上がる【2024夏の甲子園】

2024.07.18

向上が3年ぶりのベスト8!2回裏に同点本塁打で勢いづき、藤沢翔陵を圧倒

2024.07.17

【全国注目シード校・成績速報】神奈川では2校が4回戦で姿を消す、大阪、島根ではシードに明暗、昨夏初戦敗退の智辯和歌山はコールド勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」