試合レポート

【仙台六大学】仙台育英元エース・向坂優太郎が2年ぶり復帰!「戻っても居場所が…」焦り感じながらも腐らなかったリハビリ期間

2024.05.06


<仙台六大学野球春季リーグ:宮城教育大0-13仙台大>◇5日◇第4節2回戦◇東北福祉大

仙台大は宮城教育大相手に2試合連続で5回コールド勝ちを収め、今春3つ目の勝ち点を獲得した。この日は3番・立山 創太郎外野手(3年=仙台城南)のリーグ戦第1号本塁打が飛び出すなど打線が8安打13得点と機能。投げては大城 海翔投手(1年=滋賀学園)、向坂 優太郎投手(4年=仙台育英)、池田 亮太投手(4年=千葉敬愛)の左腕3投手のリレーで0に抑えた。

2番手の向坂は2年春以来、約2年ぶりのリーグ戦登板。四球と安打で無死一、二塁のピンチを背負ったものの、140キロ前後の直球とキレのある変化球を駆使して3者連続三振に仕留め、無失点で切り抜けた。帰ってきた4年生左腕は「野手が心強くて打たせてもアウトにしてくれるし、うしろにも良い投手がたくさん控えている。しっかり腕を振って投げました」と久々の公式戦マウンドを振り返った。

仙台育英でエースを務め、鳴り物入りで仙台大に進学。2年春の東北福祉大戦でデビューを果たすも、リーグ戦終了後、左肩の痛みに襲われた。「手術をするかしないかは大きな選択だったけど、するなら早くしないと、戻ってこられないと思った」。迷いながらも決断し、その年の9月末に手術を受けた。

本格的に投げられるようになったのは手術から約1年後。その間、チームは全国大会で躍動し、投手陣では佐藤 幻瑛投手(2年=柏木農)、渡邉 一生投手(3年=日本航空/BBCスカイホークス)ら若手投手が次々と台頭した。後輩たちの活躍を「めちゃくちゃ心強い」と感じる一方、「正直焦りはありました。治りが予定より少し遅いこともあって、自分もゆっくりしていたら戻っても居場所がないなと…」との思いも本音だった。

それでも腐ることなくリハビリに励み、投げられない期間も下半身を鍛えるトレーニングには欠かさず取り組んだ。「プロにいくのが夢」と胸を張るようにプロ志望も貫いてきた。

また今春は仙台育英時代の同期である東北工業大・後藤 佑輔投手と帝京大・菅原 天斗投手が4年春にして自己最速を更新。「二人とも仲良くしていて、今でもたまに連絡を取る。みんな頑張っていて嬉しい」。旧友の存在も復活を後押しした。

「今後もベンチに入ってマウンドを任せてもらうことがあったら、自分のピッチングを貫きたい。何イニングでも、チームのために全力で投げ切る」。向坂の復活劇はまだ始まったばかり。大学ラストイヤーは笑顔で駆け抜ける。

この記事の執筆者: 川浪 康太郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.15

伝統校・県立和歌山に現れたスーパー1年生打者が2安打2打点の活躍で、2年ぶりの勝利に貢献!【24年夏・和歌山大会】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」