試合レポート

【春季京都大会】新主将・藤本率いる京都国際が快勝 !期待の1年生もデビュー!

2024.05.05


【トーナメント表】春季京都大会 結果一覧

<令和6年度春季京都府高等学校野球大会:京都成章1-7京都国際>◇4日◇2次戦1回戦◇太陽が丘球場

今春の甲子園に出場した京都国際が快勝。8強入りして夏のシード権を獲得した。

京都国際はセンバツで青森山田に敗れた後に中崎 琉生(3年)から藤本 陽毅(3年)に主将を交代。投手である中崎の負担を減らし、野手のリーダー格である藤本に自覚を促すために小牧憲継監督が決断したという。

「藤本はさらに自覚が出てきて、中崎もやらないといけないプレッシャーから解放されて、逆に周りが見られるようになってきた」と小牧監督が話すように主将交代はプラスに働いている。主将になって初となる公式戦に3番遊撃で出場した藤本はプレーでも存在感を発揮した。

1回裏の第1打席では右中間を破る二塁打で出塁。押し出し四球で1点を先制した直後の3回裏には無死満塁からライトフェンス際まで飛ばす犠飛を放ち、大きな追加点をもたらした。その後は2打席連続の申告故意四球を含む3四球と勝負してもらえなかったが、守備で機敏な動きを見せて、攻守でチームを引っ張った。

投手陣はエースの中崎ではなく、2年生左腕の西村 一毅が先発。総力戦になる夏を見据え、2番手以降の投手に経験を積ませるために小牧監督はあえて抜擢した。

その西村は伸びのあるストレートや相手打者のタイミングを外すチェンジアップなどを駆使して8回1失点の好投。6回表に4番の尾崎 蒼真(3年)にソロ本塁打を浴びたが、次につながる投球だった。

7対1と6点リードした8回裏には代打で1年生の小川 礼斗が登場。その手には木製バットが握られていた。「しなりが使えて振りやすい」という理由から木製バットを使い続けており、小牧監督によると、練習試合では3安打以上打ったこともあるという。しかし、「気持ちは大丈夫でしたが、体がガチガチで最後は振れなかったです」と公式戦デビューは見逃し三振とほろ苦いものになった。

小川は福井県にある福井嶺北リトルシニア出身で、右投左打の外野手。同じ福井県出身の清水 詩太(2年)がいることもあり、京都国際に進学を決めたそうだ。「1年生からレギュラーになって、全国制覇したいです」と意気込んでおり、これからレギュラー争いに食い込んでくるかもしれない。

9回表は同じく2年生左腕の鳥羽 真生が無失点に抑えて勝利。新戦力を起用しながらも小牧監督の母校である京都成章に完勝した。

主将として初めての公式戦を振り返り、「楽しいですね。自分が引っ張っているチームと考えたら、より面白さが出てくるかなと思います」と声を弾ませた藤本。京都でもトップクラスの戦力を誇る京都国際だが、主将交代に成功して組織力もさらに高まっていきそうだ。

夏のシード権獲得はあくまでも通過点。春の京都の頂点を目指して、次戦以降も一戦必勝で戦っていく。

【トーナメント表】春季京都大会 結果一覧

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」