試合レポート

【群馬春季大会】樹徳が10年ぶり関東大会出場!バッテリーが勝利の立役者に!

2024.05.05


河内 亮陽(樹徳)・北爪 優悟(樹徳)

<春季群馬県大会:樹徳6-1高崎商大付>◇4日◇3位決定戦(関東大会出場校決定戦)◇高崎城南球場

樹徳は10年ぶりの関東大会出場を決めた。原動力となったのは北爪 優悟投手(3年)と3番河内 亮陽捕手(3年)のバッテリーだった。

北爪は右オーバーから常時125キロ〜131キロの直球、120キロ近いスライダーのコンビネーションで勝負する。立ち上がりはやや制球が荒れていたが、回を追う事にコントロールも安定し、伸びのある速球で押すことができていた。井達 誠監督は「球速はそれほどでもないですが、縦回転で投げるストレートの質は非常に良いです」と評するように、4回には三者連続三振を奪うなど、良いリズムで投げて、135球、1失点完投勝利。9奪三振を記録した。今大会は左腕・石井 真登投手(3年)が目立っていたが、「石井が頑張っていたので、自分もしっかりと仕事をしたかった」と意気込んで臨んだ3位決定戦で昨秋の県大会以来の完投となった。

その北爪をリードする河内は3回裏に勝ち越しとなる走者一掃の適時二塁打。本人もボールを捉えるセンスの高さには自信があると答えるように、無駄のないスイング軌道でボールを捉える。二塁送球も良く、捕ってから投げるまでが非常に速く、フットワークも軽快。二塁送球の最高は1.94秒で、この試合でも低く強い送球ができていた。井達監督も「河内の肩の強さはなかなかのものがあります。やはりどの学校も警戒して走らないですね」と相手の盗塁を抑止させるものがあるようだ。

守備も安定していて、どの打者もしっかりとスイングができている。関東大会の経験をきっかけにさらに強くなりそうなチームだった。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.21

【中国地区ベスト8以上進出校 7・20】米子松蔭が4強、岡山、島根、山口では続々と8強に名乗り、岡山の創志学園は敗退【2024夏の甲子園】

2024.07.21

愛工大名電が今夏3度目のコールド勝ちでV4に前進!長野では甲子園出場37回の名門が敗退【東海・北信越実力校20日の試合結果】

2024.07.21

名将・門馬監督率いる創志学園が3回戦で完敗…2連覇狙う履正社は快勝【近畿・中国実力校20日の試合結果】

2024.07.21

【東北地区ベスト8以上進出校 7・20】青森の決勝は3年前と同カード、岩手、山形でも続々と8強に名乗り【2024夏の甲子園】

2024.07.21

【関東地区ベスト8以上進出校 7・20】神奈川4強が決定、茨城、群馬、栃木、千葉、西東京、東東京で8強に続々名乗り【2024夏の甲子園】

2024.07.20

伊集院の好左腕・新藤、終盤力尽き、鹿児島実に惜敗【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.20

枕崎が1時間半遅れの試合でも集中力を発揮!堅守を発揮し、2年連続の8強!【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.21

【中国地区ベスト8以上進出校 7・20】米子松蔭が4強、岡山、島根、山口では続々と8強に名乗り、岡山の創志学園は敗退【2024夏の甲子園】

2024.07.20

【夏の逸材123人成績速報】198センチ左腕、世代屈指のスラッガー、大分の県立に現れた150キロ右腕などドラフト候補が大活躍!北海道NO.1左腕がプロ志望を表明

2024.07.21

愛工大名電が今夏3度目のコールド勝ちでV4に前進!長野では甲子園出場37回の名門が敗退【東海・北信越実力校20日の試合結果】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」