試合レポート

【仙台六大学】 仙台大12得点大勝!スイッチヒッター・平川蓮が左打席でリーグ戦初本塁打!

2024.05.04


リーグ戦初本塁打を放ち笑顔の仙台大・平川蓮

仙台大は宮城教育大に12対0で大勝し開幕5連勝。打線が10安打12得点と機能し、投げては渡邉 一生投手(3年=日本航空/BBCスカイホークス)、篠塚 太稀投手(4年=千葉黎明)、佐藤 幻瑛投手(2年=柏木農)の3投手で5回ノーノ―継投をやってのけた。

打線は初回、5番・田口 大智内野手(4年=田村)の適時打で1点を先制する。2回は4番・今野 悠貴内野手(1年=東陵)の2点適時二塁打などで4点、3回は2番・平川 蓮内野手(3年=札幌国際情報)の2点本塁打などでまたしても4点を加え、早々に試合を決めた。

平川はこの日、右翼席へ運んだ一発がリーグ戦初本塁打に。同時にチームの今春初本塁打でもあった。本人は「もう少し完璧な当たりがよかったです」と苦笑いを浮かべつつ、「最近は『強く振る』ことを課題にして打席に立っている。それを生かして長打が出て、チームも勝って嬉しいです」と手応えを口にした。

元々は左打者だが、昨秋からスイッチヒッターに転向。転向直後の新人戦で早速右打席に入って複数安打をマークすると、今春も左右両打席で安打を重ねてきた。左投手と対戦する際は、必ず右打席に入るわけではなく投手のタイプによって入る打席を変えている。今回は宮城教育大の2番手左腕・山田 悠太郎投手(1年=東北学院)のタイプを見極めた上で「左対左」での勝負を選択し、本塁打を放った。

スイッチヒッターに転向してから左右両方の打撃練習をしているため、練習量は「2倍くらい」に増えた。授業後の全体練習はもちろん、自主練習も夕食を挟んで午後10時頃まで行い、地道に打撃を磨いている。

今春の仙台大は今野、新保 玖和内野手(1年=霞ヶ浦)、齋藤 陽外野手(1年=仙台育英)ら1年生野手の活躍が目立つが、平川は「1年生がグイグイ来ている。自分も負けじと頑張ります」と闘志を燃やす。試行錯誤を重ねてたどり着いた勝負の3年目。右打席でも左打席でも結果を残し、飛躍の1年にしてみせる。

(取材=川浪康太郎)

<関連記事>
【仙台六大学】東北福祉大開幕5連勝!正捕手・佐藤琉河が先制打&好リード「僕の仕事はチームを勝たせること」

この記事の執筆者: 川浪 康太郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」