試合レポート

【春季奈良県大会】藤原監督初采配の天理が法隆寺国際に快勝

2024.04.22


1回裏に先制の適時三塁打を放った永末峻也(天理)

【トーナメント表】 春季奈良県大会 結果一覧

今年1月から藤原忠理監督が率いている天理が初戦を突破した。

藤原監督は昨年まで天理大を率いて阪神大学リーグで6連覇を達成。森浦 大輔(広島)や友杉 篤輝(ロッテ)などを育てた実績を持つ。

「有利なカウントの時は思い切っていきなさい」と藤原監督は選手を送り出し、選手は1回裏からその期待に応えてみせた。

1番・藤澤 颯馬(3年)が中前安打で出塁すると、相手の牽制悪送球と犠打で一死三塁のチャンスを作る。ここで3番・永末 峻也(2年)が右中間を破る適時三塁打を放ち、先制点を挙げる。

続く打者は1年春から主力として活躍している主将で4番の松本 大和(3年)。粘りに粘ってフルカウントからの12球目を捉えると、強烈な当たりの右前適時打となり、追加点を奪った。さらにその後、一死一、二塁から6番・豊田 竜都(2年)の中前適時打で1点追加。初回から3得点と好スタートを切った。

2回裏には二死三塁から2番・赤埴 幸輝(2年)の右越え適時打で1点を追加。相手先発の金原 朔太郎(3年)をマウンドから引きずり下ろした。

法隆寺国際は左腕の上田 晃大朗(3年)に継投したが、天理はその上田に対しても3回裏に一死二塁から豊田が二塁手のグラブを弾く適時打を放って1点を追加。4回裏から登板したエース右腕の先川 和虎(3年)に対しても一死一、二塁から赤埴の中前適時打で1点を加えた。

しかし、5回以降は先川が威力のあるストレートを投げ込み追加点を許さない。もう一押しできない天理だったが、昨年から公式戦のマウンドを経験しているエース左腕の麻田 悠介(3年)がチェンジアップやスライダーを交えた巧みな投球で6回まで無失点。7回表に暴投で1点を失うも8回3分の2を投げて、6安打2四球6奪三振で1失点とエースらしい投球を見せた。

最後は右横手投げの松村 晃大(2年)が締めて、6対1で天理が勝利。藤原監督の公式戦初采配に花を添えた。

「バットの規格が変わりましたので、そんなに昔のようにビッグイニングは作れない。だから今日は合格点をあげられると思います」と試合を振り返った藤原監督。1点ずつ積み重ねた前半の攻撃を高く評価していた。

就任して約3か月半ということでまだ手探りの状態だというが、堅実な試合運びで天理大を全国大会の常連に導いた手腕を早くも発揮している。「私自身も今後は落ち着きを持って采配できるかな」と次戦以降の戦いに自信を見せていた。

県内屈指の強打者である松本は3打数2安打1打点と活躍。2本の安打はともに鋭い当たりのライト前で、バットが変わっても実力者らしい結果を残した。

主将としてチームを引っ張る松本は、「秋は3回戦で負けてしまって、その悔しさを持って長い冬を越してきました。絶対に春の近畿大会で優勝して、夏の甲子園につなげられるように全員で全力でやっていきたいと思います」と今大会の抱負を語ってくれた。

新監督の船出としては上々の内容と言っていいだろう。昨夏に敗れた高田商と対戦する次戦ではどんな戦いを見せてくれるだろうか。

【トーナメント表】 春季奈良県大会 結果一覧

<関連記事はこちら>
◆【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

島根が開幕!島根中央が7回コールドで完封勝利を挙げる【2024夏の甲子園】

2024.07.12

北海敗退、連勝は29で止まる!札幌光星、札幌日大、札幌大谷が南北海道8強へ【2024夏の甲子園】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

12日の和歌山は雨天中止、大会日程は1日ずつ繰り下げて決勝は29日に【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!