試合レポート

【春季滋賀県大会】伝統校・八幡商にプロ志望の強打者、187センチの大型右腕が登場!5回無安打でコールド勝ち

2024.04.21


八幡商2番手の田上航

<春季近畿地区高等学校野球滋賀県大会:八幡商12-0草津東>◇20日◇2回戦◇湖東スタジアム

【トーナメント表】春季滋賀県大会 結果一覧

八幡商が14安打12得点の猛攻に加え、4投手による無安打無得点継投で5回コールド勝ちを収めた。

打線が活発だった八幡商の中でも注目の打者が4番左翼の脇坂 航大(2年)。昨夏から中軸を任されている県内屈指の左打者だ。

1回表の第1打席では一死二、三塁で2ボールとなったところで相手が申告故意四球を選択。一塁が空いているとはいえ、相手の警戒心の強さを感じさせた。

4対0で迎えた2回表の第2打席では一死二、三塁からライトに2点適時三塁打を放つ。その前にはライトポール際に特大のファールを打っており、強打者ぶりを発揮した。

その後の打席もショート強襲の内野安打と左犠飛で勝利に貢献。2打数2安打3打点と4番に相応しい活躍を見せた。

「狙い球が絞れていなかったので、自分の中では全然なんですけど、チャンスで一本出て良かったです」と自身の打撃を振り返ってくれた脇坂。高校通算本塁打は3本と多くはないが、身長176㎝、体重92㎏の堂々とした体格からは既にスラッガーのオーラが出ている。

高卒でのプロ入りを目標としており、「滋賀県で一番良いバッターになりたいです」と意気込む。スイングの強さとコンタクト力を兼ね備えており、これから知名度を上げていきそうだ。

投手にもプロ志望の選手がいる。それが4回に2番手として登板した田上 航(3年)。187㎝の長身から最速144キロの速球を投げ込む本格派右腕で、今秋でのドラフト指名を目指している。

この日は1イニングの登板。失策と四球で二死二、三塁のピンチを招いたが、踏ん張って無失点に抑えた。「ランナーを背負ってしまう場面があって、ちょっとピリッとできなかったのが反省点。真っすぐも伸び良くコーナーに決まっていたので、そこは良かったんですけど、変化球が浮いていたので、そこは修正したいです」と反省点を口にした。

制球力や変化球の精度に課題は残るが、角度のあるストレートには可能性を感じさせる。自身が目標としている山下 舜平大(オリックス)を筆頭に近年は長身投手がトレンドだ。彼の将来性に魅力を感じる球団がこれから出てくるかもしれない。

2011年夏以来の甲子園出場に向けて着々と戦力を整えている八幡商。古豪の完全復活はすぐそこまで来ている。

【トーナメント表】春季滋賀県大会 結果一覧

<関連記事はこちら>
【春季滋賀県大会】瀬田工が逆転で甲西に勝利!ドラフト候補のエースの弟が3安打2打点の活躍
【春季滋賀県大会】粘り勝った伊吹が逆転勝ち!敗れた能登川の4番は木製バットを使用

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】