試合レポート

【春季愛知県大会】校名変更した名古屋たちばなの「変幻継投」健在で、名古屋に完封勝ち

2024.04.14


4回を0に抑えた名古屋たちばな・蟹江

<春季愛知県高校野球大会:名古屋たちばな5-0名古屋>◇13日◇1回戦◇熱田愛知時計120スタジアム

【トーナメント表】春季愛知県大会 結果一覧はこちら

春季愛知県大会が4月2週目となる土曜日から、5地区の予選を勝ち上がった48校とセンバツ出場の豊川愛工大名電の計50校で始まった。

この4月に愛知産大工から男女共学になるに伴って、「名古屋たちばな」に校名変更した。昨秋は3回戦で細かい継投でタイブレークの末に中京大中京を下している。新校名をアピールする意味でも、この大会で躍進していきたいところであろう。名古屋は、愛知大学野球にも所属している名古屋学院大の系列校で、私学の進学校としての人気もある。

なお、この両校は今春の名古屋地区予選の1位校決勝トーナメントの1回戦で当たっており、この時は名古屋たちばな(当時は愛知産大工)が5対0で完封勝利している。

名古屋高砂 一貴投手(3年)、名古屋たちばなは、10番の蟹江 大雅投手(2年)が先発。お互いに初回は三者凡退で退けて無難な立ち上がりを見せた。

名古屋たちばなは2回、3回と三塁まで走者を進めながらも高砂投手を攻略しきれなかった。それでも4回、名古屋たちばなは、先頭の5番・田ノ上 海空外野手(3年)が三塁線を破る二塁打で出塁すると、バントで三塁へ進む。3度目の1死三塁となったが2死後、4回まで1安打のみで0に抑えていた先発・蟹江の代打として、山田 朔也外野手(3年)を起用。鈴木 将吾監督の期待に応えて、積極的に初球を捉えて左前打を放ってこれが先制打となった。

しかし、その後は名古屋の2人目として投げていた左腕の幅 瑛大外野手(2年)も踏ん張って、5回を終わって最少得点差のままだった。

名古屋たちばなのマウンドは、5回からは1番をつけた中島 稜太投手(2年)が登板した。代わった5回は安打2本を浴びたが、6回、7回は内野の好守もあって3人ずつで抑えた。そして7回、名古屋たちばなは9番の竹内 球人内野手(3年)が三塁線を破る二塁打で出塁すると、1番・淺井 太介内野手(2年)のバントが安打となり無死一、三塁。続く水野 迅内野手(3年)が左越え二塁打を放ち、2人をかえして名古屋たちばながようやくリードを広げる。

さらにバント後、4番・田中 脩夢内野手(3年)が中前安打を放って、もう1点を追加した。8回にも、名古屋たちばなは四球と盗塁にバントと野選でチャンスが広がり、無安打ながら相手暴投で5点目が入った。

名古屋たちばなは8回、9回と、例によって1イニングずつの継投で石川 萬才投手(2年)、三浦 大輝投手(3年)が、しっかりと投げ切って、終わってみれば4人の投手で5安打「完封リレー」という形になった。鈴木監督も、「継投は定番ですから、それぞれがしっかり投げてくれたということです」と、昨秋は中京大中京に対して7人の「変幻継投」でタイブレークを制した力を示した。「変幻継投」健在といったところであろうか。

鈴木監督は、「冬の間に言ってきたことは、秋に中京大中京に勝ったのが、まぐれだと言われんように、きちんと春も県大会で勝っていかれるようにしていかないといかん」ということだったという。そして、攻撃面では失敗を恐れず攻めていくという姿勢が4回と7回には功を奏したという形になった。

4月からの新校名に関しては、「今日が、試合のアナウンスで校名を呼ばれるのが最初だったんですが、正直まだピンとこんですね」と永年‟愛知産大工”として指導してきた鈴木監督の実感でもあろうか。ユニホームもスクールカラーのエンジを入れるなど、デザインも多少変更された。新入部員も45人が入って、大所帯になってきているということだ。

【トーナメント表】春季愛知県大会 結果一覧はこちら

<関連記事>
【一覧】愛知各地区の代表校
春季愛知大会 5つの地区予選を占う 全国屈指の激戦県、複雑な予選システムにも注目!
【高校野球勢力地図・愛知編】躍進著しい豊川、豊橋中央の「東三河勢」vs.私学四強の「名古屋勢」!
【一覧】24年ドラフト候補 高校生リスト
【春季愛知県大会】攻守にほぼ万全な形を示した栄徳が、吉良にコールド勝ち

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

【佐賀】伊万里が優勝<西北部地区大会>

2024.06.18

今年の埼玉はプロ注目左腕2人が牽引! WBC優勝戦士の弟にも注目!夏を盛り上げる17人の好投手たち【埼玉注目投手リスト】

2024.06.18

花巻東が10年ぶり2度目優勝!好投続く弘前学院聖愛・吹田から劇的サヨナラ勝ちで決める!<春季東北地区大会>

2024.06.18

【宮崎】19日に抽選会!本命なき戦いか、投手の延岡学園、打の宮崎商が大会をリード<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!