試合レポート

【春季東京都大会】東京実・山菅の決勝2ランで初戦突破!公式戦初アーチに「嬉しいしかない」

2024.04.02


東京実 ホームランを放った山菅 竜馬外野手(3年)

4月1日に開幕した春季東京都大会で都立上水東京実が対戦。試合は終盤に勝ち越した東京実がそのまま逃げ切り5-3で初戦突破を決めた。

 

5回まで終え、2-2と両チーム投手陣が粘りを見せていたが、6回に都立上水が田中 昂羽内野手(3年)のタイムリーなどで勝ち越しに成功する。しかし、東京実の松田 稔監督が、「点の取られ方が良くなかったので、流れを変えたかった」と、エースの和智 直飛投手(3年)を投入。1イニングを3者凡退に抑え、再びチームに流れを呼び込んだ。

 

和智の投球に感化された打線はそのウラ、ランナーを一人置き、5番山菅 竜馬外野手(3年)が振り抜いた打球がレフトスタンドを超える2ランで逆転に成功。高校に入って初のホームランに、「とにかくランナーを返そうという気持ちだった。いままでやってきたことが最後の春で結果に繋がって嬉しい」と、喜びを爆発させ、グラウンドを一周しながら雄叫びをあげた。値千金の一打に松田監督も、「思い切りのある選手なので、いい場面で高めに浮いたボールを打ってくれた」と称えた。

 

さらに8回の守備でも「気づいたら飛び込んでいた」と語ったように、正面の打球にも恐れることなくダイビングキャッチ。ファインプレーで相手の反撃の芽を摘み、攻守で躍動した。チームを勝利に導く活躍に「本当に嬉しい。嬉しいしかないです」と笑顔で振り返っていた。

 

次戦は小松川との初戦を11-0で大勝した安田学園と対戦する。強豪との対戦も強いられるなか松井監督は、「守備のミスや四球から敗戦することが多いので、まずはバッテリーを中心にした守りを徹底していきたい」。夏大会のシード権獲得に向け、粘りを見せた東京実の戦いに今後も注目していきたい。

 

〈関連記事はこちら〉

春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】