News

日ハム高卒3年目スラッガー・有薗直輝に覚醒の予感! 打撃フォームが「万波風」に変化し、強烈本塁打!

2024.02.04


有薗直輝

2月3日、日本ハムが紅白戦を行い、高卒3年目のスラッガー・有薗 直輝内野手(千葉学芸)が二塁打、本塁打を放つ活躍を魅せた。

抜群のアピールだった。第1打席、この日、152キロをマークした金村 尚真投手(岡山学芸館-富士大)が投じた速球に差し込まれながらも右中間を破る二塁打を放った。金村が投じる145キロ〜150キロの速球は威力抜群で、バットを何本も折るほど。この二塁打で大きなインパクトがあったが、育成左腕・山本 晃大投手(佐久長聖-関西学院大)が投じた高めに浮いた直球を見逃さず、レフトスタンドへ。逆風をモノとせず、弾丸ライナーで撃ち込んだ。この本塁打に、SNSでは、日本ハムファンから「エグい!」「気持ち良すぎ」という反応が多く見られた。

2年続けて一軍を経験しながら、12打数0安打に終わっていた有薗にブレイクの兆しが見えてきた。打撃フォームが変化しているのだ。去年のフォームはバットを高く掲げ、左足をしっかりと上げるのと同時にひねりながら打つフォームだった。このひねりを活かして、遠くへ飛ばしていたが、速球投手に対しては振り遅れがちになりやすく、さらに一軍レベルの変化球になるとついていけない課題があった。
それが今年は、バットを寝かせて、すり足気味でステップする打ち方になった。その構えにファンからは「万波(中正)っぽい」という声が多い。以前と比べてボールの見方が非常に良くなり、的確にボールをとらえることができるようになった。

有薗は千葉学芸時代から自ら打撃フォームの修正を行う選手だった。高校通算70本塁打を放った有薗だが、高校3年夏の大会が終わると、フォーム修正に着手した。当時はトップに入った時に二度引きする癖があった。

「これまでは足を上げて、打つときにもう一回腕を上げてスイングをしていましたが今は足を上げてバットも引いてスイングに入ります」

上半身の動作の無駄をなくし、より対応しやすい形を作ったのだ。それでもプロ2年は一軍では苦しんだが、このように打撃フォームの変化をどんどん行える柔軟性、また有薗は高校時代から監督、コーチの助言に、しっかりと耳を傾ける素直さがあった。オフ期間、良いコーチングができる方と出会ったのではないか。

日本ハムのサードには和製大砲・野村 佑希内野手(花咲徳栄)がいる。その競争は激しいが、良いアピールになったことは間違いない。今後の実戦が楽しみである。

 

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.13

【東京】修徳が関東一に0封勝ち、創価はコールドで国士舘を破って8強入り<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?