News

電撃トレード 吉田輝星、再び「秋田の星」になれるのか!?

2023.11.25


金足農時代の吉田輝星

11月24日、オリックスと日本ハムの間で交換トレードが成立し、吉田 輝星投手(金足農出身)が日本ハムからオリックスへ、黒木 優太投手(橘学苑出身)がオリックスから日本ハムへと移籍する。

吉田は2018年のドラフト1位、一方の黒木も2016年のドラフト2位で入団。上位指名選手同士のトレードとなった。

吉田は秋田県の金足農出身。2018年夏の甲子園には背番号「1」を背負ったエースとして出場し、「金農旋風」を巻き起こした立役者としてチームを準優勝に導いた。
現在の球界には、この吉田の他にもヤクルト・石川 雅規投手(秋田商ー青山学院大)や、ヤクルト・石山 泰稚投手(金足農ー東北福祉大ーヤマハ)、ロッテ・山口 航輝外野手(明桜)ら、秋田県の高校出身者は数多くいる。

吉田が来季からユニホームを着るオリックスにも、曽谷 龍平投手(明桜ー白鷗大)、小木田 敦也投手(角館ーTDK)がいる。中嶋聡監督も秋田県立鷹巣農林(現・秋田北鷹)出身だ。
現役をすでに引退しているOBでは、ロッテなどで活躍した落合博満(秋田工ー東洋大中退ー東芝府中)や、元阪急(現・オリックス)の山田 久志投手(能代ー富士鉄釜石)といったレジェンドも、秋田県の高校で青春時代を過ごしている。

秋田県の人口は約96万人(2020年)で全国38位。決して人口の多い都道府県ではない。それにもかかわらず三冠王3度の落合や、通算284勝の山田、そしてパ・リーグ3連覇に導いた中嶋監督、息の長い活躍を見せる石川ら、球史に名を残す存在が数多くいる。
トレードで心機一転となった吉田も、偉大な先輩たちのような活躍に期待がかかる。

<秋田県の高校出身の現役選手>
※前身高校、高専含む
明桜
砂田 毅樹(中日)
山口 航輝(ロッテ)
風間 球打(ソフトバンク)
曽谷 龍平(オリックス)
野中 天翔(中日育成)

金足農
石山 泰稚(ヤクルト)
吉田 輝星(オリックス)

角館
赤上 優人(西武)
小木田 敦也(オリックス)
秋田商
石川 雅規(ヤクルト)

大曲工
藤井 黎來(広島育成)
●秋田工業高専
石井 大智(阪神)
大館鳳鳴
佐藤 宏樹(ソフトバンク育成)

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】