試合レポート

【鹿児島】2回戦 徳之島 vs 樟南

2023.08.29

SCORE
徳之島
樟南
1234567891011121314
0 2 0 1 0 0 0 0 2
0 0 0 1 0 0 1 0 0
TOTAL
5
2

劣勢を覆した徳之島のベンチワーク<鹿児島秋季大会>

<第153回九州地区高校野球大会鹿児島県予選:徳之島5-2樟南>◇28日◇2回戦◇平和リース

徳之島は2回1死から3連打を浴びせ、7番・久保 聖(2年)の右前適時打、8番・太村 駿之介(2年)の犠飛で2点を先制した。

4回には9番・里山 聡汰(2年)の右前適時打で3点目を挙げた。

その裏、樟南は2死二塁から8番・西田 裕星(2年)の中越え三塁打で1点を返した。

7回には2死一、三塁として3番・坂口 優志(2年)が左前適時打を放って1点差に詰め寄った。

徳之島の先発の右腕・住田 悠(2年)は4、7回に1点ずつ失ったが、丁寧な投球で試合を作った。

5回以降、拙攻続きで追加点が奪えなかった徳之島が、9回に4番・上原 龍樹(2年)がダメ押しの2ランを放って突き放した。

8、9回は2番手のエース嶺本 倫太郎(2年)が無失点で切り抜け、3点差で接戦をものにした。

「もう1度自分のバットで流れを持ってきたかった」

9回表1死二塁の場面で4番・上原はその一念で打席に立つ。上原らしい初球フルスイングの打球は、打った瞬間にスタンドインと分かる特大2ランとなり、徳之島に勝機を手繰り寄せた。

樟南を上回る16安打を放ち、終始リードはしていたが、決して楽な展開ではなかった。走塁ミスなどで思うように得点は伸びなかった。1点差まで追い上げられ、いつ覆されてもおかしくない状況だったが「ベンチワークがとにかく良かった。全員が顔を上げて、前向きな言葉を発し続けていた」(地頭所眞人監督)。

8回無死一、二塁と、相手のミスも絡んで得た絶好の得点機も拙攻で生かせなかった。左飛を打ち上げた勝 亮翔主将(2年)だったが「自分が下を向いていたらチームも下がってしまう」と内心の動揺を表に出さず、顔を上げて前向きな言葉を発し続けた。その姿勢が相手に流れを最後まで渡さず、9回の上原の2ランにつながった。

「やっと私学に勝てて、先輩たちに恩返しができた」と勝主将は喜ぶ。昨秋、今春と8強入りしNHK旗の出場も果たしたが、鹿屋中央鹿児島城西神村学園と強豪私学の壁にはね返され続けてきた。力の差を埋めるのはもちろんだが「ミスした後に自分たちで下がらないことを練習からずっとやってきた」(上原)。遊撃手・勝主将は失点につながるエラーもあったが「前のチームで散々エラーし続けたので慣れていた」と苦笑する。9回は左前に抜けるライナーの打球をダイビングキャッチする美技で試合を締めくくった。

「選手たちが頑張り、全員野球で勝てた。OBや島の人たちもいろいろ協力してくれて、徳之島全体で勝てた勝利」と地頭所監督。強豪私学の壁を1つ破ったが、まだ3回戦に勝ち進んだだけ。「自分たちはまだまだ上に行きたい。キャッチボールなど基礎を大事にして一戦必勝で次の試合も戦いたい」と殊勲打の上原の目線はすでに次戦に向かっていた。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.03

2度目の3連覇を目指す九州国際大付をはじめ、シードの久留米商、真颯館、沖学園も初戦に挑む、4日の福岡大会【2024夏の甲子園】

2024.07.03

【全国注目シード校・成績速報】春の福岡王者・春日、センバツ出場の東海大福岡らが勝利!

2024.07.03

福岡春王者の公立校・春日が圧勝発進、東海大福岡は春夏連続甲子園へ初戦突破

2024.07.04

2年前の決勝の雪辱を胸に。日体大荏原「いつも通りのことを淡々と」

2024.07.04

「速さが怖かった」 センバツ4強から学んだ走塁で市立柏が千葉の上位を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

スコアラーが8ヵ月後エースに急成長! オリドラ2ルーキーを輩出した聖カタリナ学園(愛媛)に今年も190cm大型投手が現れる!

2024.06.30

突然の病で右半身が麻痺した「天才野球少年」が迎える最後の夏 あきらめなかった甲子園出場の夢、「代打の一打席でもいいから……」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!