試合レポート

【西東京】準決勝 早大学院 vs 日大鶴ケ丘

2023.07.28


SCORE
早大学院
日大鶴ヶ丘
1234567891011121314
0 0 1 0 0 0 0 0 1
0 0 0 1 3 0 1 1 X
TOTAL
2
6

開幕戦を戦った日大鶴ヶ丘が決勝進出!試合の流れを変えた「太陽安打」

<第105回全国高校野球選手権西東京大会:日大鶴ヶ丘6ー2早大学院>◇27日◇準決勝◇神宮

日大鶴ヶ丘は7月8日に神宮球場で行われた西東京大会の開幕戦に出場し、準決勝で7試合目となる。シード校の早大学院は、7月15日に初登場し、この試合が5試合目。疲労度で言えば、日大鶴ヶ丘の方が高いはずだが、日大鶴ヶ丘は複数の投手を擁しているのに対し、早大学院は投手陣の柱であった西山 恒斉投手(3年)が負傷によりメンバーから外れたため、エースの岡村 遼太郎投手(3年)に負担がかかっていた。

準決勝も早大学院は当然岡村が先発。日大鶴ヶ丘はリリーフで登板することの多かった比江島 幹投手(3年)が先発のマウンドに立った。「比江島は制球力がいいので」と萩生田博美監督は、先発起用の理由を語る。比江島は1回に早大学院の1番・野田 俊輔外野手(2年)を四球で歩かせるなど、やや不安な立ち上がりであったが、無失点に抑える。

岡村を援護したい早大学院打線は3回、2番・井上 幸大内野手(1年)が左前安打で出塁すると、二塁へ盗塁し、4番・佐藤 寛也外野手(3年)の二塁打で1点を先制した。

早大学院の岡村は序盤3回を被安打0に抑える好投。しかし思わぬことで失点することになる。

4回、日大鶴ヶ丘は1死後、5番の小針 大輝内野手(2年)がチーム初安打となる左前安打を放つと二盗にも成功する。2死にはなったものの、7番・伊藤 壮大外野手(3年)は一塁への飛球。チェンジかと思われたが、早大学院の一塁手・笠尾 一登内野手(3年)が打球を見失って安打となり、小針が生還して同点になる。「彼はサングラスをかけることをやっていない。あれで流れが変わりました」と早大学院の木田茂監督は語る。

疲労がたまっている早大学院の岡村には、痛い失点であった。5回、日大鶴ヶ丘は、1番・梶 琉之介外野手(3年)が四球で出塁すると、2番・高見澤 晴翔内野手(3年)が送り、3番・木嶋 康太外野手(3年)の左前安打で1点を勝ち越す。さらに4番・後藤 健大内野手(3年)が四球で歩き、5番・小針の左飛で木嶋は三塁に進むと、後藤も盗塁で二塁に進み、6番でこの大会当たりに当たっている杉浦 凛内野手(2年)が中前安打を放って2人が生還した。

ここで早大学院は岡村を右翼に下げて、投手に平井 大翔投手(2年)を起用する。平井は7回、8回に失点したものの、傷口を広げず、仲間の反撃を待つ。

しかし日大鶴ヶ丘の比江島は、テンポのいい投球で早大学院打線を抑える。9回、早大学院は3番・舟橋 立葉内野手(3年)が本塁打を放ったものの、反撃もここまでだった。

早大学院の岡村は、体はそれほど大きくないものの、投手としてだけでなく、打者としても活躍した。西山が欠場する中、孤軍奮闘の活躍であったが、西山が抜けたことが、「彼を成長させた」と木田監督は言う。次は同じ早稲田のユニホームを着て、東京六大学の舞台で活躍してほしい。

日大鶴ヶ丘は、開幕戦を戦い、ついに決勝戦まで戦うことになった。相手は日大三。5年前も決勝戦で当たり、サヨナラ本塁打で敗れている。決勝戦は、「総動員ですよ」と萩生田監督。ここまでの7試合で総力戦に投入できる人材も育ってきた。好ゲームを期待したい。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード