Match Report

仙台大vs東北福祉大

2023.05.22

仙台大が2季連続優勝! 涙のキャプテン、笑顔のエース

仙台大vs東北福祉大 | 高校野球ドットコム
優勝の瞬間、マウンドへ駆け寄る仙台大の選手たち

<仙台六大学春季リーグ:仙台大9-3東北福祉大>◇22日◇第7節3回戦◇東北福祉大

 仙台大6点リードの最終回、2死一塁。川和田 悠太投手(4年=八千代松陰)は最後の打者を見逃し三振に仕留めると、雄叫びを上げながら帽子を放り投げた。ベンチメンバーを含めたナインが川和田のもとに駆けつけ、歓喜の輪をつくる。仙台大の2季連続優勝、そして2015年以来、8年ぶりとなる全日本大学選手権出場が決まった瞬間だった。

 各選手が笑顔で喜びを分かち合う中、ひときわ大粒の涙を流し泣き崩れる選手がいた。辻本 倫太郎内野手(4年=北海)。この試合のヒーローであり、チームを引っ張り続けてきたキャプテンである。

 「オープン戦で勝てなくて、チームの目標を『日本一』から『リーグ優勝』に下げた。苦しい選択だったけど、その中で優勝できたことが嬉しかった。副キャプテンとして引っ張ってくれていた三原 力亞外野手(4年=聖光学院)や川和田がケガで思うようなプレーができなくて、『あいつらの分まで勝ちたい』という思いが強かったこともあって、涙が出ました」

 試合後、辻本は涙の理由をそう明かした。この日は3回に放った先制の2点適時三塁打を含む4打点の活躍。シーズンを通しての打率.342はキャリアハイで、1本塁打13打点4盗塁と申し分ない個人成績を残したが、本人は「キャプテンとしての自覚やプレッシャー、責任感…いろんなものが重なって、自分のことを考えられないくらいの春だった」と振り返る。森本吉謙監督も「本当に苦労してチームをつくってくれた。明るく振る舞ってはいましたけど、いろんなものを背負い込んで苦しんでいたと思います」と労った。目標を達成したことでようやく肩の荷が下り、自
然と涙が溢れてきた。

 今春の仙台大打線は辻本以外も軒並み打撃好調で、首位打者に輝いた川島 優外野手(4年=山村学園)をはじめスタメン7人が3割を超える打率をマークした。この日も東北福祉大自慢の4投手から9安打9得点。同点に追いつかれた直後の7回は無死満塁の好機をつくって小田倉 啓介内野手(3年=霞ヶ浦)の適時打で勝ち越すと、その後もたたみかけリードを広げた。

 投げては今春7度目の先発となったルーキー佐藤 幻瑛投手(1年=柏木農)が試合をつくり、7回途中からは最上級生の川和田が0を連ね締めくくった。川和田も辻本同様、プレッシャーや責任を感じていた選手の一人。本来であればエースとして先発ローテーションの一角を担うはずだったが、昨秋からの度重なるケガの影響で今春は最終節の前までメンバーを外れていた。

 リハビリや自主練習に励み、週末はチームの試合をライブ配信で見守る日々。「不安な気持ち、悔しい気持ち、焦る気持ち…いろんな気持ちがありました」。副キャプテンとして、投手リーダーとして、もどかしい毎日が続いた。一方、首脳陣からはリーグ戦開幕当初から、「最後(最終節)はよろしく」と伝えられていた。歓喜の瞬間、マウンドにいる自らの姿を思い描いていたからこそ、最高の準備をしてその時を迎えることができた。

 仙台大の全国大会での勝利は、2014年の全日本大学選手権初戦まで遡る。苦しい時期を乗り越えた投打の柱を中心に、“仙台大旋風”を巻き起こしてみせる。

(取材=川浪 康太郎

関連記事

もっと見る

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2023.09.18

【宮城】仙台育英が東北に快勝!<秋季県大会・18日の結果>

2023.09.17

【神奈川】3回戦 向上 vs 横浜

2023.09.18

【東京】都立日比谷が初回から試合を支配し、都大会進出

2023.09.18

秋季都大会出場校一覧

2023.09.19

【近畿学生野球】2回戦 奈良学園大vs神戸大

2023.09.13

慶應義塾のトップバッター・丸田湊斗は「先輩」ら同様に大学を経てのプロ入りなるか

2023.09.07

【U-18】スーパーラウンド 日本 vs 韓国

2023.09.13

【宮城】仙台がサヨナラで初戦を突破<秋季県大会・13日の結果>

2023.09.13

強豪を破り、準決勝でも1点差を勝負を演じた鹿児島屈指の進学校は21世紀枠の推薦校に選出されるか

2023.09.16

【神奈川】慶應義塾、横浜、東海大相模がベスト16入り<秋季大会・16日の結果>

2023.08.23

組み合わせが決定!夏の甲子園の日程

2023.08.22

U-18代表20人が決定!世代No.1右腕、左腕、慶應義塾のトップバッターが選出

2023.08.24

夏の甲子園ベスト9を発表!この夏の甲子園を盛り上げた9人を選出!

2023.09.04

【秋田】明桜の初戦の相手は?<秋季県大会組み合わせ>

2023.08.22

選外に…高校通算140本塁打の佐々木麟太郎、広陵・真鍋、152キロ左腕のなどスカウト高評価の超高校級の逸材が代表に選ばれず