Column

183センチ97キロの大型右腕に注目!2023年北海道のイチオシ選手は?

2023.01.16

 年が明け、2023年を迎えた。野球界では3月にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕し、閉幕後にプロ野球も開幕する。

 また日本ハムの新しい本拠地「エスコンフィールド北海道」が開業。「北海道ボールパーク構想」が一定の着地点に到達する。

 このように話題に事欠かない2023年だが、新しい年を迎えるにあたって、本稿記者が今年注目する北海道関連の高校野球選手を何人かピックアップさせてもらった。

イチオシは北海・熊谷投手

183センチ97キロの大型右腕に注目!2023年北海道のイチオシ選手は? | 高校野球ドットコム
熊谷陽輝(北海)

 本稿記者が今年一番注目したいのが、北海熊谷 陽輝投手(2年)だ。熊谷は右投げ右打ち。183センチ、97キロと、がっちりとした体格で、そこから最速143キロの速球を投げ込む。北海道・新十津川町生まれで、空知滝川シニアなどを経て北海へ。昨年の秋季大会ではエースとして登板し、決勝戦でも本塁打を放つなど打撃でもチームを引っ張った。

 北海は昨年の秋季大会決勝でクラーク記念国際に敗れた。それを受け、熊谷はこれからの課題について「体力をつけること。1人で投げ切ることができるピッチャーになりたい」と口にし、「夏(の甲子園)に向け、冬にトレーニングをしてそれ(甲子園)をつかめるように頑張りたい」と明かしていた。平川敦監督も「もう1レベル上の投手になれる位置には来ている」と期待を寄せる。

 果たして、今年はどのような姿になって返ってくるのだろうか。ドラフト候補としても注目される投手であるため、その動向が注目される。

クラークの新岡投手など、他の注目選手も沢山

183センチ97キロの大型右腕に注目!2023年北海道のイチオシ選手は? | 高校野球ドットコム
新岡歩輝(クラーク記念国際)

 クラーク記念国際の技巧派右腕、新岡 歩輝投手(2年)は昨年の秋季大会を1人で投げぬき、優勝の立役者となった。身長は175センチと小柄ながら、あるときはアンダースロー気味に、またあるときはサイドスローから球を投げ込み、「そこから6種類の球を投げる」という。

 佐々木啓司監督をして「(新岡の)球は絞りづらく多彩なため、もし自分が相手だったとしたら攻略が難しいだろう」と言わしめた。

 秋季大会終了後、「(春は)チーム力を上げ、個々の打撃力も上げたい。個人としては体重を増やしていければ」とオフの目標について話した。彼にとって最後となる高校野球生活が幕を開けた。

 東海大札幌阿部 堅心投手(2年)は、最速142キロを誇る左腕。2022年のドラフト2位で阪神に入団した門別 啓人投手は先輩にあたり、同じ左腕としてフォームなどについて教えてもらうことが多々あったという。

 秋季大会では初戦となった北海道栄戦に登板。5回を2安打7奪三振無失点だったが、2回戦の白樺学園戦では8回を投げて14安打。9個の三振を奪い、149球の熱投もむなしくチームは2対3で惜敗した。試合後、大脇英徳監督は「(阿部にとって)1球の大切さを感じられたのでは。疲れ(への対応)も含め、タフにならなければならない」と手厳しかった。

 阿部は大化けすればドラフト上位候補として注目される可能性は大いにあるため、どのような成長を遂げているのか楽しみだ。

 阿部と同じ左腕では、北海長内 陽大内野手(2年)にも注目だ。一塁手として主に試合に出場しているが、秋季大会で投手として3.1回を投げ、4安打4奪三振1失点と役割は果たした。打撃では打率4割を記録し、出場した5試合のうち滝川戦以外では安打を記録している。これからの成長に期待がかかる選手である。

 そのほか、立命館慶祥岩渕 正晃投手(2年)や秋季全道大会で選手宣誓を務めた帯広農干場 雄心内野手(2年)など将来、有望な選手は沢山いる。

 今年初めて開催される大会は春季大会だが、その時期までに各々の選手たちはどれくらい成長しているのだろうか。選手たちがプレーしている姿を見るのが楽しみだ。

(文=小林英介)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.11

福岡大大濠に現れた大型右腕・柴田獅子! 山下舜平太に次ぐドラフト上位指名クラスの逸材だ!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.07.11

神戸国際大附が滝川の150キロ右腕を攻略し、3回戦進出!【24年夏甲子園・兵庫大会】

2024.07.11

MAX120キロ”遅速左腕”が完投! 豊富な投手陣誇る桜井が昨秋4位校破る【24夏・奈良大会】

2024.07.10

【全国注目シード校・成績速報】神奈川、山梨、京都でシード勢がすべて初戦突破、福岡では鞍手が1点に泣く【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】