Column

大阪桐蔭などの全国の壁を痛感 ドラ1が2人誕生した北海道の高校野球3大ニュース

2022.12.31

 2022年の北海道の高校野球界では、多くの出来事があった。北海道の高校野球関連ニュースを3つピックアップ。今年の高校野球を振り返りながら、来年に向けて思いを馳せたいところだ。

夏の甲子園に札幌大谷が初出場!旭川大高は大阪桐蔭相手に健闘

 夏の甲子園出場をかけた南・北北海道大会では、それぞれ札幌大谷旭川大高が勝ち上がった。札幌大谷は初めての甲子園出場となり、旭川大高は3年ぶり10回目の甲子園出場を決めた。

 札幌大谷は南大会の準決勝で苫小牧中央と対戦。苫小牧中央は今年のドラフトで広島から1位指名された斉藤 優汰投手(3年)が先発のマウンドに上がるも、札幌大谷打線を前に5回でノックアウト。札幌大谷がプロ注目投手を打ち破って決勝へと進んだ。

 決勝でも札幌大谷の前に「プロ注目投手」が立ちはだかった。決勝の相手は知内。プロ注目の坂本 拓己投手(3年)が札幌大谷を苦しめると思いきや、札幌大谷打線が火を噴いて坂本に襲いかかり、7対2で勝利して初の甲子園の切符をつかんだ。

 その後、札幌大谷は夏の甲子園で東東京の二松学舎大附と対戦し、2対3とサヨナラ負けで惜敗。初戦敗退となった。

 旭川大高は北大会の決勝で旭川東を7対1で下し、3年ぶりの甲子園出場となった。選手権大会の組み合わせ抽選では大阪の強豪・大阪桐蔭との対戦が決定。苦戦が予想された。

 注目の対戦では初回、なんと旭川大高が1点を先制。その後も追加点を挙げ、3対0として優位に試合を進めていくが、さすがは大阪桐蔭。7回に逆転され、3対6で悔しい敗戦となった。しかし、世間からの受け止めは「大阪桐蔭を相手によく頑張った」という称賛の声が多く、強豪校を相手にいい試合ができたとの受け止めが大半だったのではないかと感じている。

 なお、旭川大高は2023年の春に校名が「旭川志峯(あさひかわしほう)」高校へと変更。今年夏の甲子園は「旭川大高」として最後の出場だった。また来年からパワーアップしたその姿を、多くの人に見せてほしい。

[page_break:クラーク記念国際が連覇でセンバツ当確!]

クラーク記念国際が連覇でセンバツ当確!

大阪桐蔭などの全国の壁を痛感 ドラ1が2人誕生した北海道の高校野球3大ニュース | 高校野球ドットコム
クラーク記念国際・新岡 歩輝

 今年の北海道の高校野球シーズンを締めくくる秋季大会では、昨年に続いてクラーク記念国際が連覇を達成。2023年3月開幕予定のセンバツに当確した。

 連覇が期待された秋季大会で、期待通りの戦い方を見せた。全道大会の初戦では旭川明成と対戦し、3対1で勝利。次の北照戦では終盤に逆転。3対2と逆転勝利を挙げた。

 準決勝は立命館慶祥に7対0と7回コールド勝ち。決勝では強豪・北海と対戦し、延長10回までもつれる試合展開となり、3対1で勝利を挙げて連覇を達成した。優勝したクラーク記念国際はセンバツ出場校として当確だろう。しかし、全国大会ではなかなか勝てないという印象がぬぐえない。

 今年11月に明治神宮球場で行われた明治神宮大会では、2回戦で強豪・大阪桐蔭と対戦するも、2対12と大敗。「相手が悪かった」と言えばそうかもしれないが、昨年の大会でも初戦で九州国際大付に1対5と敗れており、もうそろそろ全国大会での結果が欲しいところ。来年のセンバツでは、念願の「1勝」を手にすることができるのか。注目したい。

[page_break:北海道関連選手がドラフトで続々指名!苫小牧中央・斉藤や専修大・菊地はドラフト1位!]

北海道関連選手がドラフトで続々指名!苫小牧中央・斉藤や専修大・菊地はドラフト1位!

大阪桐蔭などの全国の壁を痛感 ドラ1が2人誕生した北海道の高校野球3大ニュース | 高校野球ドットコム
苫小牧中央・斉藤 優汰と専修大・菊地 吏玖

 今年の新人選手選択会議(ドラフト会議)では、北海道関連の選手が多く指名された。「北海道関連の選手は有望な選手が多い」との前評判通りの結果で、投手のみの指名だった。

 ドラフト1位では、苫小牧中央斉藤 優汰投手が広島から1位指名を受け、契約金1億円でサインした。12月12日に開かれた新入団選手発表記者会見では、「自分の武器であるストレートを軸に、変化球でカウントを取って三振を取りにいくのが自分のスタイル」と自らの魅力をアピールし、将来は「2ケタ勝利できるような投手になりたい」と抱負を語った。

 ロッテからは専修大の菊地 吏玖投手(札幌大谷出身)がドラフト1位指名。「来年の目標は新人王。チームの勝利に向けて腕を振り続け、一球一球力を込めて投げているところを見てほしい」と新入団選手発表会で話していた。

 東海大札幌門別 啓人投手は阪神からドラフト2位指名を受け、「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に選ばれるような選手になりたい」と語った。門別は東海大札幌のエースとして活躍。自身も「右バッターへのクロスファイヤーが魅力」と言うように、貴重なサウスポーとして活躍する日が近いかもしれない。

 そのほか、ヤクルト4位では知内坂本 拓己投手が指名されている。

 

 ほかにも取り上げたい話題は多くあったが、この3つを2022年北海道の高校野球3大ニュースとして選出した。来年はどのような大きなニュースが飛び込んでくるのだろうか。新たな高校野球シーズンが開幕するのを楽しみにしている。

(記事:小林 英介

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【沖縄】興南は中部商と那覇の勝者、ノーシード沖縄尚学はエナジックのブロックで名護と初戦で対戦、沖縄水産と未来沖縄が初戦で激突<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】12日に小樽支部の抽選会!北照の牙城を崩すチームが現れるか<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商