Column

22年のドラフトを盛り上げた高校球児ベストナイン 地方大会敗退の逸材野手を多く選出

2022.12.24

22年のドラフトを盛り上げた高校球児ベストナイン 地方大会敗退の逸材野手を多く選出 | 高校野球ドットコム
藤森康淳(天理)、浅野翔吾(高松商)、イヒネ・イツア(誉)、井坪陽生(関東一)

 22年もあと少し。今年の高校野球を盛り上げた選手たちをベストナインとして紹介していきたい。

 まずはドラフト的ベストナイン。ドラフト指名が条件だが、二塁専任の選手でドラフト指名された選手がいなかった。そのため将来的にドラフトにかかる可能性を持った選手を紹介したい。

投手 山田 陽翔近江) 西武5位

捕手 松尾 汐恩大阪桐蔭)DeNA1位

一塁手 内田 湘大利根商)広島2位

二塁手  藤森 康淳天理

三塁手 内藤 鵬日本航空石川)オリックス2位

遊撃手 イヒネ イツア)ソフトバンク1位

外野手 井坪 陽生関東一)阪神3位

外野手 浅野 翔吾高松商)巨人1位

外野手 西村 瑠伊斗京都外大西) ヤクルト2位

 投手はこれまでの実績、潜在能力の高さを考えて山田を選出した。ドラフト指名され、優秀な能力を持った投手はいるが、実績面、平均球速、変化球の精度、メンタリティーなど総合的に判断して、山田とした。

 捕手は松尾。高い打撃技術、キャッチング技術、スローイング技術とすべてにおいて一級品で、将来、球界を背負う捕手になる可能性を持った逸材として選出した。今年の高校生捕手は松尾を筆頭に優秀な選手が多かった1年でもあった。

 一塁手は利根商の内田とした。大会前から関東一の井坪に並ぶトップクラスの評価を受けていた。この夏は圧倒的な打撃成績を収め、夏の群馬を盛り上げた。投手としても140キロ後半の速球を投げる肩の強さもある。

 二塁手は藤森とした。U-18代表にも選ばれた藤森はとにかく対応力が高い。速球に対して強く、好投手から安打を連発。そして二塁守備もアグレッシブで動きの良さが光る。

 三塁手は内藤だ。世代No.1スラッガーとしてこの1年、豪快な打撃を見せてくれた。大きな可能性を秘めた逸材だ。

 激戦区の遊撃手はイヒネを選出した。イヒネは、最後の夏で3回戦敗退ながら、コンタクト力が高い打撃に、丁寧かつ躍動感溢れる守備、軽快なベースランニングと、すべてにおいて華がある選手だった。県内でも上位進出がない選手がドラフト前にドラフト1位を公表されるのも珍しく、これほどバズった選手はなかなかいない。プロの世界でも多くのファンの目に留まるような活躍を見せられるか注目だ。

 外野手は圧倒的なパフォーマンスを甲子園でみせた浅野が一番手で選出。打撃技術も高く、プロでも活躍が期待できそうだ。続いては京都大会で本塁打を量産した京都外大西の西村を選出。細身ではあるが、高い打撃技術や、140キロ後半の速球を投げる強肩と攻守ともに華がある外野手で、ドラフト的にはベストナインにふさわしい選手として選出した。

 外野手3人目は阪神3位の井坪に決定。コンタクト力の高い打撃に加え、関東一で徹底的にたたき込まれた走塁技術に加え、抜群の強肩もあるなど、走攻守三拍子揃った外野手だ。

 今回、地方大会敗退の野手を5人選出したが、将来性、完成形、現時点での完成度、スター性すべてにおいて群を抜いていた。22年のドラフトは高校生野手がスター性溢れる選手が揃っていて、いい意味で尖っている選手が多かった。もしかしたら、球界を盛り上げる野手が多く出る世代かもしれない。

(記事:河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

宮城は秋8強の仙台商が初戦突破 多賀城、仙台西は2ケタ得点で快勝【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

グラウンド使用は週1日だけ!「守備には目をつぶる」豊島学院が打撃戦を制する【24年夏・東東京大会】

2024.07.05

白山高元監督の“下剋上球児”再現はあるのか!? センバツ1勝の宇治山田商、2年生集団で東海大会準優勝の菰野など各ブロックの見所を紹介【2024夏・三重大会展望】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】