試合レポート

聖光学院vs國學院栃木

2022.10.03

聖光学院に立ち向かった國學院栃木の2年エース。課題はストレートのレベルアップ

聖光学院vs國學院栃木 | 高校野球ドットコム
盛永 智也(國學院栃木)

<第77回国民体育大会:聖光学院3ー0國學院栃木>◇3日◇準決勝◇清原球場

 とちぎ国体の準決勝1試合目は聖光学院が3対0で強打の國學院栃木を破り、決勝進出を決めた。左腕・小林 剛介投手(3年)が完封勝利を挙げた。この一戦、聖光学院ではなく、聖光学院打線に立ち向かった國學院栃木のエース・盛永 智也投手(2年)をピックアップしたい。

 前日の近江(滋賀)戦では6回を投げて、85球、1失点に抑える好リリーフ。この球数を考えると、先発は考えにくいが、それでも先発に至ったのは連投でもハイクオリティの投球をするというのがテーマにあった。

 夏の栃木大会準決勝の作新学院戦では、10回完投勝利。その翌日の宇都宮南との決勝戦でも先発のマウンドに上った。結果は5.2回を投げて自責点4。あれほどの暑さの中で、連投すれば、クオリティは落ちて当然だと思う。それでも盛永は悔やんでいた。

 秋の大会が終わり、国体を自分の成長を試す場だと捉えていた。立ち上がりはやや苦しんでいる印象はあった。それでも躍動感のある踏み込みのある投球フォームから繰り出す常時130キロ前半〜130キロ後半の直球、切れのある縦スライダー、カットボール、カーブを織り交ぜ、聖光学院に立ち向かった。

 しかし聖光学院の2番高中一樹内野手(2年)、三好元気外野手(2年)の2人に適時打を浴び、3失点。この点について、「ここぞという場面で捉える聖光学院打線はさすがでした。ただ打たれたのはいずれも僕と同じ2年生なので、悔しかったです」と振り返る。

 とはいえ、走者を背負っても気持ちが折れることなく、威力抜群のストレートでねじ伏せる投球は見応えがあった。

 目標はプロ。だが、「今の自分の実力では到底無理だと思っています。それでもこの冬はしっかりと追い込んで、ストレートのスピードアップや、完投能力を身に着けていきたい」と意気込んだ。

 憧れは山田陽翔投手(近江)。この国体では対戦する機会に恵まれたが、最終打席でフェンス直撃の二塁打を打たれた。

「本当にオーラがある方でした。あのレベルにならないといけないんだなと思いましたし、打たれてまだまだだと感じました」

 山田と対戦して得られたものはあった。どういう感覚でリリースをすれば、自分の思い通りのボールが投げられるか。それを実践できたという。

 國學院栃木はこれで年内の大きな公式戦は終わりを迎えた。長い冬を乗り越えた先には、栃木県を代表する剛腕へ成長して見せる。

(記事=河嶋 宗一)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【島根】開星、立正大淞南、大社、飯南などが各地区で4強入り<各地区大会>

2024.05.25

【長崎】鎮西学院と大村工が敗者復活から勝ち上がって本大会へ<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商