試合レポート

下関国際vs高松商

2022.10.07

巨人ドラ1候補に浮上した浅野翔吾 なぜプロでは「チャンスを作る役に徹する」のか

下関国際vs高松商 | 高校野球ドットコム
浅野翔吾

<とちぎ国体:下関国際8-6高松商>◇2日◇1回戦◇清原

 2日から5日までの3日間にかけて、とちぎ国体で高校野球が開催され、大阪桐蔭(大阪)が優勝を飾った。甲子園のベスト4を中心に選ばれた8校の対戦に注目が集まるなか、浅野翔吾外野手(3年)を擁する高松商も出場した。

 初戦で下関国際(山口)の前に敗れたが、早くから巨人がドラフト1位で指名する可能性があることが報じられたこともあり、注目度が一気に高まった。1番・中堅手で出場すると5打数2安打1打点で、高校野球最後の公式戦を終えた。

 簡単に勝負はしてもらえなかった。同じくプロ志望届を提出した下関国際の先発・古賀康誠投手(3年)が低めを丁寧につくピッチングを続け、気持ちよくスイングはさせてもらえなかった。外野まで痛烈な打球を飛ばすものの、態勢は崩された打撃だった。それでも、この夏の甲子園を沸かせた男がとらえた打球に、観客は大きな歓声を挙げ、まさにスター選手という注目ぶりだった。

 3回は突っ込みながらも左翼への二塁打。8回の最終打席では、食らいつきながら右前へはじき返すなど、対応力の高さを見せた。このバッティングを上のステージで武器にしていきたいと話していた。

 「(持ち味は)フォームを崩されながらヒットが打てるのと、選球眼の良さになると思います」

 甲子園をはじめ、高校野球3年間で見せてくれた豪快な一打を放つスラッガーとしてではなく、対応力の高さを武器にするつもりだ。少し意外に感じられるが、あくまで自身とプロの世界との間にあるレベルの差を冷静に考えた結果だ。

 「(上のステージには)自分よりも体の大きい選手がいるので、そうした選手に対してホームランを打って活躍して正面から勝負するのではなく、自分が生きられる道でやっていきたいと思いますので、チャンスを作って体の大きい選手に回すようにしていきたいと考えています」

 メジャーリーガーのホセ・アルテューベを理想に掲げてレベルアップをしていく。謙虚に、そして冷静に自分と一流選手との差を見定めることができるのは、この1年間の成長があったからだといっていい。

 新チーム発足時は、「チームのことよりも、自分の結果で機嫌が違った」という。しかし、夏の大会に向かっていく中で、「自分のことだけではなく、チームが勝てばいい」と意識が変わったことが、成長につながった。だから、上のステージに向けても、背伸びすることなく、謙虚に自分のできることに徹する思いになる。

 「高校生活でできることはできたので、胸を張って待てるようにしたい」と運命の10月20日を迎える。世代屈指のスラッガーは、果たしてどの球団に行くのか。

(記事=田中 裕毅/写真=寺下 友徳)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.14

慶應&大阪桐蔭が四国の5チームに伝えた「全国で勝つための方法」とは!? 香川・徳島招待試合がもたらした財産

2024.06.14

【群馬】甲子園春夏連覇に挑む健大高崎は勢多農林と藤岡北の勝者と対戦、同ブロックに桐生第一【2024夏の甲子園】

2024.06.14

【北海道】名寄支部では、稚内大谷が名寄と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得