試合レポート

大阪桐蔭vs仙台育英

2022.10.06

大阪桐蔭エース・川原がU-18でつかんできた成長 仙台育英から1失点完投勝利

大阪桐蔭vs仙台育英 | 高校野球ドットコム
雄叫びあげる大阪桐蔭先発・川原 嗣貴

<とちぎ国体:大阪桐蔭3-1仙台育英>◇2日◇1回戦◇清原

 2日に開幕したとちぎ国体の最注目カードとなったのは大阪桐蔭(大阪)と仙台育英(宮城)の一戦。大阪桐蔭は春の日本一、仙台育英は夏の日本一と、互いに2022年の高校野球をけん引した立場で、同時に夏の大会前には練習試合をする間柄でもある強豪同士だ。

 試合は大阪桐蔭が初回に、プロ志望届を提出した松尾汐恩捕手(3年)の内野ゴロで先制。5回にも1点を追加して主導権を握ると、2対1の8回には、4番・丸山一喜内野手(3年)の適時打でダメ押し。最後はエース・川原嗣貴投手(3年)が1失点完投勝利で締め、注目カードを制した。

 強打の大阪桐蔭打線でも、仙台育英の強力投手陣から6安打3得点と、簡単に攻略することはできなかった。しかし、大阪桐蔭・川原はそれ以上の結果を出した。9回104球で、被安打7、奪三振9、無四球で1失点完投。U-18でベストナインに選出された実力は伊達ではなかった。

 チームの勝利はもちろんだが「次のステージに繋がるピッチング」を意識して、自分らしさを前面に出した。相手が夏の日本一・仙台育英でも「相手どうこうではなく、自分の投球ができるか」を考えて、冷静に状況を整理。その上で、どうやって自分のピッチングをするのかを考え続けた。

 U-18での経験が大きかった。ワールドカップでは大事な場面や試合での登板が多く、マウンドでは多くのプレッシャーを感じて投げる機会が増えた。だからこそ「抑えて乗り切れたことは自信になりました」と確かな手ごたえをつかみ、マウンドでも落ち着いて投げることができているという。

 同時に「抑えるための引き出しが増えた」と幅が広がった。そして硬いマウンドへ対応するために「リリースポイントを下げた」ことも更なる成長につながった。長身を生かした角度のついた140キロ後半の直球は、数字以上に質の高さを感じさせ、奪った9三振のうち、4三振は直球で奪うなど、仙台育英打線を封じることに繋がっていた。

 大阪桐蔭に進学して、「(プロ野球選手になることが)夢から目標に変わりました。良いチームに巡り合うことができました」と話す。U-18も含めて大きな舞台を経験して、その度に川原は逞しく成長を遂げてきた。充実した大阪桐蔭での3年間を目標のプロ野球選手につなげることができるか。運命の10月20日、川原嗣貴の名前は呼ばれるのか。その瞬間を心待ちにしたい。

(記事=田中 裕毅/写真=寺下 友徳)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.14

慶應&大阪桐蔭が四国の5チームに伝えた「全国で勝つための方法」とは!? 香川・徳島招待試合がもたらした財産

2024.06.14

【群馬】甲子園春夏連覇に挑む健大高崎は勢多農林と藤岡北の勝者と対戦、同ブロックに桐生第一【2024夏の甲子園】

2024.06.14

【北海道】名寄支部では、稚内大谷が名寄と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得