Column

永田イズムで甲子園にたどり着いた日大三島 聖隷クリストファーなどの台頭も目立った静岡大会

2022.08.24

永田イズムで甲子園にたどり着いた日大三島 聖隷クリストファーなどの台頭も目立った静岡大会 | 高校野球ドットコム
日大三島・松永陽登君

永田イズムで甲子園にたどり着いた日大三島 聖隷クリストファーなどの台頭も目立った静岡大会 | 高校野球ドットコムトーナメント表
静岡大会の勝ち上がり

永田イズムで甲子園にたどり着いた日大三島 聖隷クリストファーなどの台頭も目立った静岡大会 | 高校野球ドットコム大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 静岡大会

永田イズムで甲子園にたどり着いた日大三島 聖隷クリストファーなどの台頭も目立った静岡大会 | 高校野球ドットコム選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

永田イズムで甲子園にたどり着いた日大三島 聖隷クリストファーなどの台頭も目立った静岡大会 | 高校野球ドットコム日程・結果一覧
静岡TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

永田イズムで甲子園にたどり着いた日大三島 聖隷クリストファーなどの台頭も目立った静岡大会 | 高校野球ドットコム気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 昨年の秋季県大会と東海大会でも優勝してセンバツ甲子園出場を果たした日大三島が、夏の静岡大会も制して、春夏連続出場を果たした。大会前から、そのチーム力は高く評価されていたが、春の優勝校の浜松開誠館静岡常葉大菊川静清など追随する勢力も力があり、混戦が予想されていた。

 混戦を順調に勝ち上がっていった日大三島は、エースで4番の松永陽登投手(3年)を軸として、チームはしっかりとまとまっていた。それに、報徳学園(兵庫)で選手としても監督としても全国制覇を経験している永田裕治監督が就任して3年目。「何かにつけて、大人しい静岡東部の生徒たちに、勝負への執念を植え付けた」と、しっかり永田イズムも浸透させた。背番号10の加藤大登主将がよくチームをまとめた。初戦(2回戦)が浜松商、3回戦が藤枝明誠と、大会序盤から決して組み合わせに恵まれていたわけでもなかった。それでも、そこをスイスイと勝ち上がっていったのは、センバツ出場を果たしている自信の裏付けもあったであろう。

永田イズムで甲子園にたどり着いた日大三島 聖隷クリストファーなどの台頭も目立った静岡大会 | 高校野球ドットコム
静清の選手たち

 決勝の相手となった静清は、第1シード校としてある程度順調に勝ち上がってきたが、6回に四球を挟んでの7連打などの4得点もあり、日大三島が11安打8得点を挙げて快勝した。日大三島としては33年ぶり2回目の甲子園出場となった。リードオフマンの京井聖奈内野手(3年)、3番の池口奏内野手(2年)らのセンスの良さも光った。

 静清は中盤まで食い下がったものの及ばなかった。昨秋は地区予選前にコロナが発生して出場を辞退。新チームの初公式戦は今春の中部地区予選が最初という苦しい状況から、春季大会でも結果を出してシードを奪い、夏もここまでの進出だった。

 優勝した日大三島が最も苦戦した相手が準決勝の掛川西だった。掛川西は、今年はノーシードで挑む戦いとなったが、3回戦で浜松工に1対0と競り勝ち、4回戦では昨夏に敗れた東海大静岡翔洋に9対2と快勝して勢いづいた。

 注目のカードとなった静岡との準々決勝の名門校対決で、0対1でリードされていた9回に3点を奪い逆転勝ちした。そして、準決勝では、日大三島と延長13回タイブレークとなり、先攻の掛川西は2点をリードしたものの、その裏に3点を奪う日大三島の勝負強さに屈した。それでも昨年に続くベスト4進出で、西部地区の名門校健在ぶりを示したのは立派だった。


永田イズムで甲子園にたどり着いた日大三島 聖隷クリストファーなどの台頭も目立った静岡大会 | 高校野球ドットコム
藤枝明誠応援席

 昨秋の東海地区大会で準優勝しながら、センバツ甲子園に選出されなかった聖隷クリストファーの戦いぶりも注目された。センバツの選考漏れは、全国的にも話題となって、好むと好まざるにかかわらず、今大会は注目され続けた中で、1回戦で静岡市立を下し2回戦では春季県大会優勝校の浜松開誠館を下して波に乗った。

 「自分たちは、力はなくても頭とハートを使って勝つ野球」を実践していったのは見事だった。初の甲子園には届かなかったものの、ベスト4進出は評価されていい成績だった。

 静岡静岡商の伝統校は、ともにベスト8で姿を消した。2連覇に挑んだ静岡は、注目の吉田優飛投手(3年)が必ずしも万全ではないという状況ながら、個々の高い能力で勝ち上がっていったのはさすがだった。試合としては4回戦の加藤学園との試合は見ごたえがあった。加藤学園がリードし、静岡が追い上げるという展開になったが、8回に2点差を追いついた静岡が9回に袴田航旭内野手(3年)のサヨナラ安打で勝利。その勝負強さは、やはり伝統の力でもあろう。

永田イズムで甲子園にたどり着いた日大三島 聖隷クリストファーなどの台頭も目立った静岡大会 | 高校野球ドットコム
試合前、挨拶に向かう加藤学園

 近年躍進著しい加藤学園も、「勝てなかったということは、残念で反省するところはある。しかし、昨秋から今春はどこか自信なさげにやっていたところがあったけれども、戦っていくうちに、堂々とプレーしていかれるようになった」と、米山学監督は、大会を通じての選手たちの成長を評価していた。

 コロナが完全に収束していない中で、気の毒なこともあった。常葉大菊川は3回戦を勝ち上がった後、コロナ感染者が爆発的に増え、4回戦は急遽、メンバー変更を余儀なくされ、わずか11人での登録ということになってしまった。それでも、臆することなく静清に挑んだ。スコアとしては4対11ということになってしまったけれども、9回までしっかりと戦えたのはよかった。大会前の評価も高かっただけに、無念の思いもあったであろう。それでも、こうして最後まで戦えたことを糧として、次なるチームにつなげていってほしいと思う。

 県全体としては、日大三島が台頭してきたことで、西部地区、中部地区、東部地区の3地区の勢力構図もバランスが整ってきたようでもある。

(文=手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.15

伝統校・県立和歌山に現れたスーパー1年生打者が2安打2打点の活躍で、2年ぶりの勝利に貢献!【24年夏・和歌山大会】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」