試合レポート

日大一vs都立駒場

2022.07.13

日大一の高身長トリオが安定感のある投球を披露!1年生捕手石森の本塁打も飛び出し快勝

〈第104回全国高校野球選手権東東京大会:日大一10-0駒場〉♢12日♢2回戦♢江戸川区球場

 かつて「夏の一高」と呼ばれ春に2度、夏に8度、通算10度の甲子園出場を誇る日大一高が初戦を迎えた。

 日大一の先発は、背番号10の松田 大聖(3年)がマウンドに上がった。185センチ、75キロと体格の良い左腕。初回から球が低めに集まり、しっかりとコースに投げ分けていた。

 自身も同校のOBでもある日大一・渡邉 尚樹監督は、「今年のチームは攻撃面を中心に強化してきた」と話したが、その打力が3回裏に表れた。先頭の4番・眞田 滉平(3年)がランニング本塁打を放つと、さらに2死から7番・伊藤 大樹(1年)が四球で出塁すると、8番石森 太己(1年)が左翼席への豪快な2ラン。スタメンに抜擢された1年生捕手が初戦から期待に応えた。

 都立駒場は部員数が11人。2年生が中心のチームだ。先発が小島 拓己(2年)、捕手が坂口 敬祐(2年)の2年生バッテリーで日大一に立ち向かった。結果的に10点差を付けられ5回コールドとなったが、大量に失点する回はなく、味方の守備の失策が重なり10失点したが小島の自責は3点だ。中山 光監督も「守備が上手くいかないことがあっても、しっかり立て直して投球できる」ところを長所にあげ、小島を称えた。

 日大一は、先発・松田が3回でマウンドを降り、4回に小林 燎平(1年)、最終回はエースの鳥居 隼人(3年)が登板。3人の平均身長は182センチ。渡邉監督が投手の中心に挙げる3人は高身長トリオだ。この試合で3人合わせて10奪三振、無四球と安定感のある投手陣にも注目だ。

 勝利した日大一の次戦は[stadium]神宮球場[/stadium]で錦城学園と戦う。4月から主将となった上原 光陽(3年)は「夏に向けて皆の気持ちが高まってきた。目標のベスト8に向けてもう一回練習して次に臨みたい」と語った。かつての「栄光」を背に新たな一高を創り上げていく。

(取材=大松 優花)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード