試合レポート

都立広尾vs都立駒場

2021.07.23

都立広尾、エース・石黒の7回1安打無失点の好投で5回戦進出

 都立に学校群制度があった時代、都立駒場は21群、都立広尾は23群であり、同じエリアの都立校対決になった。

 秋季大会は1次予選で敗れたため、あまり注目されることはなかったが、都立広尾には石黒 和という好投手がいる。石黒は最速が140キロを超え、カーブ、スライダー、カットボールなども投げる。打っては4番のチームの大黒柱だ。

 1回裏都立広尾は、1番・神川 大地の二塁打に3番・足立 丈二の右前安打で1点を先制。さらに4番・石黒の遊撃手の横を抜ける鋭い打球がそのまま左中間を破る三塁打となり、1点。石黒も敵失で生還した。

 2回表都立駒場の4番・吉田 大斗の左前安打、5番、先発投手でもある柴田 太陽の遊失後、犠打の失敗などもあり、得点できない。結果として吉田の安打が、都立駒場が石黒から打った唯一の安打になった。

 都立広尾は3回裏に3番・安達の二塁打、4番・石黒の左前安打に失策も重なり1点を追加した。ただそこから、都立駒場の好守もあり、得点できない。都立広尾は速球対応の練習をしており、都立駒場の先発・柴田のさほど速くない球に対応できないという面もあるようだ。

 ただ追加点はなくても、都立広尾の石黒の投球は安定している。7回を投げて奪三振4と三振はさほど多くないが、2回以降は安打も打たれていない。

 7回裏都立広尾は、1番・神川の二塁打に、2番・谷口 平馬の右前安打で1点を追加した後、故意四球を含めた2四球で満塁となり、6番・金井 瞬の二塁打で2人が生還し7ー0。7回コールドが成立した。

 最後はコールドで敗れた都立駒場であるが、4年ぶりに2勝を挙げた。現在選手登録は13人。そのうち3年生は6人だ。今の状況では秋は連合チームとなる。都立駒場の加藤尚彦監督によれば、都立駒場が連合チームになるのは、「おそらく初めて」とのこと。それでも加藤監督は、「2勝したこともあるので、今の中学生が来年入ってきてほしい」と語った。

 勝った都立広尾は、5回戦で戦う二松学舎大附のことも意識しながらの試合であった。練習時間が限られている中で、速い球を打つ練習を中心に据えてきた。二松学舎大附について岩崎 剛監督は「力はずっと上の相手。それでも選手たちはやってやろうと思っています」と語る。エースの石黒も、「逃げずに投げたい」と語る。ともかく全力を出し切った試合をしてほしい。

(取材=大島 裕史

都立広尾vs都立駒場 | 高校野球ドットコム刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回東東京大会の結果
【レポート一覧】第103回東東京大会
【レポート一覧】第103回大会

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.21

「10年後、日本の野球界は行きづまる」一人の野球指導者の危機感が、アマチュア球界を変える新リーグを生んだ~野球指導者・阪長友仁のビジョン前編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.6】

2024.06.21

【長野】22日に抽選会!上田西と東京都市大塩尻の「2強」に長野日大が続く、松商学園はノーシードからの「逆襲」へ<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【岐阜】22日に抽選会!今年の夏も「岐阜商対決」あるか、岐阜第一、関商工にもチャンスは十分<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.22

【鹿児島】神村学園は鹿児島商と沖永良部の勝者と対戦、鹿児島実は大島と初戦で対戦<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.18

激戦区・兵庫の組み合わせ決定!センバツ準V報徳学園は舞子と明石北の勝者と、3連覇狙う社、プロ注目右腕・槙野遥斗擁する須磨翔風など注目校の初戦は!?【2024年夏の甲子園】

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】