試合レポート

畝傍vs奈良朱雀

2021.05.04

畝傍が2季連続の8強進出

畝傍vs奈良朱雀 | 高校野球ドットコム
畝傍2番手の太田 佑音

【試合模様のギャラリーはこちら】

 秋3位の畝傍奈良朱雀に勝利して、8強入りを決めた。

 畝傍は1回表、一死満塁から5番・平井 慧人(2年)の二塁ゴロの間に1点を先制すると、なおも二死二、三塁から6番・宮本 優真(3年)が右前2点適時打を放ち、いきなり3点のリードを奪う。

 その裏、先発マウンドに立ったのは主将の若松 慎太郎(3年)。本職は外野手だが、以前から投手の練習もしており、初めて先発を任された。1回裏に一死一、二塁のピンチを招くが、勢いのある直球を主体に何とかピンチを凌ぐ。

 畝傍は2回表に9番・村井 洋介(2年)のスクイズなどで、着実に得点を重ねるが、3回までに4失策と本来の守りを発揮できない。2回以降は互いに点を取り合う展開となり、奈良朱雀は5点を追う6回裏に無死満塁のチャンスを作ると、畝傍がエースの太田 佑音(3年)をマウンドに送る。

 太田は併殺の間に1点を失うが、その後はチェンジアップ主体の投球で、相手打者を手玉に取る。9回裏も一死一、三塁のピンチを招いたが、冷静に切り抜け、無失点で試合を締めくくった。

 畝傍は2回戦が相手の棄権で不戦勝だったため、これが事実上の初戦だった。初戦の固さもあってか5失策とらしくない試合となり、「日頃はミスがないけど、今日はあまりにも多かった」と駒井 彰監督は苦笑した。

 それでも攻撃面ではスクイズや犠飛で着実に得点を重ね、太田もエースらしい投球を見せた。次戦以降は地に足のついた戦いに期待したい。

 奈良朱雀は立ち上がりから追いかける展開となったが、最後まで諦めずに食らいついた。先発した清水 風雅(2年)は身長183㎝の大型左腕。この日は4回6失点に終わったが、随所にキレのある球を投げており、将来が楽しみな投手だ。チーム全体としても2年生が多く、これからの伸びに期待したい。

(記事=馬場 遼

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

今年の埼玉はプロ注目左腕2人が牽引! WBC優勝戦士の弟にも注目!夏を盛り上げる17人の好投手たち【埼玉注目投手リスト】

2024.06.18

【大分】19日に抽選会!大本命の明豊に、大分舞鶴、津久見、佐伯鶴城らが迫る<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.18

【宮崎】19日に抽選会!本命なき戦いか、投手の延岡学園、打の宮崎商が大会をリード<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.18

【佐賀】伊万里が優勝<西北部地区大会>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得