試合レポート

狭山ヶ丘vs正智深谷

2020.08.23

打線が正智深谷・北田を攻略した狭山ヶ丘、逆転で初の決勝へ

 [stadium]メットライフドーム[/stadium]の第2試合は、北部地区優勝の正智深谷と西部地区優勝の狭山ヶ丘というフレッシュな顔ぶれとなる。

 先発は正智深谷北田智郎(3年)、狭山ヶ丘清水竣介(3年)と両エースが先発したこの試合、スターティングメンバーは両チーム前の試合から多少変更になっている。正智深谷は前の試合ラッキーボーイとなった東野圭佑(3年)に代わり5番に内田大輝(3年)を入れ、狭山ヶ丘は8番を松岡航瑠(2年)から小山秀斗(2年)へ変更し試合が始まる。

 序盤は正智深谷のペースであった。

 初回、正智深谷は硬さの見える狭山ヶ丘内野陣の乱れに乗じ攻め込む。先頭の田淵透吾(3年)のショートへのハーフバウンドのゴロを相手が後逸すると、その間に田淵は二進し無死二塁とする。
 続く藤村伶旺(3年)がレフト前へポトリと落ちるヒットを放ち無死一、三塁とチャンスを広げると、ここで3番・半谷和希(3年)はセカンドゴロに倒れるが、併殺を狙ったショートがファーストへ悪送球を放り、正智深谷が1点を先制しさらに一死二塁とする。

 続く北田は四球を選び一死一、二塁とすると、二死後6番・萩原翼(3年)もセンター前タイムリーを放ち2点目を奪うと、さらに続く岡登宇恭(3年)もライト前ヒットを放つ。だが、二走・北田は明らかに全力で走れる雰囲気でなく三塁で自重し、後続も倒れ正智深谷は2点でこの回の攻撃を終える。

 狭山ヶ丘は初回を2点で凌いだことがこの後の展開を大きく左右する。


 狭山ヶ丘は2回表すぐに反撃を開始し、一死から5番・和田啓佑(3年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く平賀尊(3年)もライトフェンス直撃のヒットを放ち一死一、三塁とチャンスを広げる。一走・平賀はすぐに二盗を決め一死二、三塁とするが、後続が連続三振に倒れ無得点に終わる。

 狭山ヶ丘は4回表にもこの回先頭の正高奏太(3年)が左中間へ二塁打を放ち出塁すると、続く清水がきっちりと送り一死三塁とする。だが後続が倒れまたしても無得点に終わる。

 狭山ヶ丘は毎回のようにチャンスを作りながら得点を奪えず、やや雲行きが怪しくなってきた狭山ヶ丘は5回表、この回先頭の小山が右中間へ二塁打を放ち出塁すると、続く宮下愛叶(2年)の内野ゴロの間に三進し一死三塁とする。二死後2番・川俣勇気(3年)がセカンドへのタイムリー内野安打を放ち1点を返す。

 やや泥臭い形であったがこの1点でやや楽になったか狭山ヶ丘は6回表ついに正智深谷・北田を捉える。

 この回先頭の清水がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く和田がきっちりと送り一死二塁とする。6番・平賀がセンター前へタイムリーを放ちついに同点とすると、すぐさま二盗を決め再度一死二塁とする。ここで続く阿部隆之介(3年)がファースト強襲のタイムリー二塁打を放つと、さらに8番・小山もセンター越えタイムリー三塁打を放つ。なお、一死三塁から続く宮下がスクイズを決め5対2とする。

 こうなると、狭山ヶ丘打線は止まらない。二死から1番・金子侑渡(3年)、川俣の連打で二死一、三塁とすると、3番・正高にもセンター前タイムリーが飛び出し4点差をつけ正智深谷・北田をマウンドから引きずり降ろす。これで試合の大勢は決した。


 7回表にも狭山ヶ丘は正智深谷3番手・田中優翔(3年)からこの回先頭の平賀がライト越えのソロ本塁打を放ちダメを押すと、投げてはエース清水が2回以降立ち直り正智深谷打線を1安打に抑え4安打完投で勝利し初の決勝進出を決めた。

 まず正智深谷だが、初回素晴らしい攻撃を見せたが、頼みのエース北田が前の試合で打球を受けた影響からか終始全力で走れず、この日明らかにおかしかった。
 それでも、序盤から快調に飛ばしていたがその影響が終盤出たか狭山ヶ丘打線に捉えられてしまった。足が万全であれば、終盤の失点はもちろん、初回二走で本塁に還れるタイミングであった。3点目を奪える可能性も高かっただけに最後はやや悔いが残る敗戦となったが、今大会これまでの戦いぶりは見事であった。

 北部地区大会序盤の山であった上尾戦で競り勝つと、その後は危なげなく決勝へ進み決勝ではタイブレークの末勢いに乗る本庄第一を下し北部地区優勝を飾った。
 エース北田は1年夏から花咲徳栄戦で好投するとその後はマークされ、昨秋は肘の怪我にも悩まされた。それでもこの日までマウンドを守り続けた北田。バッティングにも非凡なものがあるだけに今後上のレベルでの活躍にも期待したい。

 一方の狭山ヶ丘であったが、初回こそ硬さが見られたが、徐々に落ち着きを取り戻すと、終盤爆発し正智深谷・北田を攻略してみせた。
 打線は今大会を通じて好調でこの日も13安打を放っている。前の星野戦でも書いたが3~6番の昨夏を経験したメンバーが打線を引っ張り、この日は先発した2年生小山が2本の長打を放つなど爆発した。悲願の決勝進出を決めた狭山ヶ丘はここまで順調に来ているが、決勝の相手は強打の昌平だ。清水は連投となり、苦戦が予想される。ここは打線が引っ張りハイスコアに持ち込みたい所であろう。

(記事=編集部

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.22

【センバツ出場32校紹介】30歳の青年監督とともに九州初優勝、熊本国府が「由伸投法」右腕とトルネード左腕を擁して初聖地挑む

2024.02.22

DeNA正捕手争いが激化中! 大阪桐蔭出身・松尾汐恩が高卒2年目で3試合連続安打!

2024.02.22

伝統校・静岡 夏秋ともに初戦敗退も、法政大に完封勝利で春の逆襲へ!

2024.02.22

専修大に名門校主力が一挙入学!仙台育英準優勝二塁手、大阪桐蔭の2番打者と140キロ右腕、MLB選手の息子ら豪華絢爛!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.17

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!