試合レポート

都立府中西vs都立芦花

2020.07.24

都立府中西・三瓶賢太が投打で大暴れ!タイムリー2本などの活躍で都立芦花を破る!

都立府中西vs都立芦花 | 高校野球ドットコム
勝利し挨拶する府中西

 2回まで、両チームのスコアに0が並び迎えた3回の裏、試合が大きく動く。都立芦花は、チャンスで4番原口修人の先制タイムリー、その後3つの押し出しフォアボールで4点を先制する。

 直後の4回、都立府中西も反撃に出る。4番小杉竜也の犠牲フライ、9番三瓶賢太のタイムリーなど、相手のミスにも乗じて一挙7得点を挙げる。

 5回以降も両チーム共に得点を重ね、試合は打撃戦となった。

 5回の表には、9番三瓶の2打席連続となるタイムリーで都立府中西は2点を加点した。
 直後の5回裏、都立芦花は9番松木稜汰のライトの頭上を超えるスリーベースで2点を返した。

 6回の表、都立府中西は3番原島琉のスリーベースでチャンスを作り、4番小杉のタイムリーで1点を加点、さらに満塁のチャンスを作ったが、ここは都立芦花2番手三枝奏太が踏ん張り、最小失点に抑えた。

 6回の裏には、この回からマウンドに上がった、都立府中西2番手隠田隼都立芦花打線を封じた。

 7回の裏、都立芦花は意地を見せ、6番伊藤雅のヒットなどでチャンスメイクしたが、1点を返すことができなかった。

 大会規定により、7回10対6で試合終了。都立府中西が勝利した。

 都立府中西は、先発の三瓶が打者としても2本のタイムリーを放ち、打線を牽引した。
 都立芦花も、出塁が多く相手バッテリーにプレッシャーを与えたが、チャンスでの1本が出なかったことが悔やまれる。

(記事=編集部

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.21

いまも3人が現役で奮闘中! 200勝達成したダルビッシュの同期生

2024.05.20

【秋田】横手清陵と本荘が8強入り、夏のシード獲得<春季大会>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?