試合レポート

奈良朱雀vs高取国際

2020.07.23

4番の一打で奈良朱雀がサヨナラ勝ち!

奈良朱雀vs高取国際 | 高校野球ドットコム
サヨナラ打を放ち、喜ぶ奈良朱雀の田中颯真(左)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 奈良朱雀高取国際を相手にサヨナラ勝ちを収めた。

 先制したのは高取国際。1回表に一死二、三塁のチャンスを作ると、5番・中井惇生の左前適時打で先制点を挙げる。さらに一死一、三塁から6番・生島大貴(3年)がスクイズを決め、リードを2点に広げた。

 対する奈良朱雀はその裏、一死三塁から3番・安井夏輝(3年)の適時打で1点を返す。3回表にはバッテリーミスから1点を失うが、3回裏に5番・鈴井秀章(3年)の左前適時打と押し出しの四球で同点に追いついた。

 その後、両チームともに1点ずつを取り合い、試合は9回裏に突入。この回先頭の1番・小笠原蓮(3年)が中前適時打で出塁すると、「サヨナラのランナーなのでバントかなと思いますが、迷いなく打たせました」(中野俊彦監督)と続く2番の西山空良(3年)に強硬策を命じ、西山は左前安打で指揮官の期待に応えてみせた。続く安井も安打を放ち、無死満塁とすると、打席に立つのは5回途中からマウンドに上がっている4番の田中颯真(3年)。「みんなが繋いでくれたので、初球のストレートを狙っていました」と話すように初球をライト前に弾き返し、サヨナラ勝ち。奈良朱雀が3回戦進出を決めた。

 「相手の継投に的が絞れず、本来のバッティングをさせてもらえなかったのですが、ようやく9回に繋がってくれました。選手の執念に頭が下がります。チームワークと団結力の勝利だと思います」と試合を振り返った中野監督。教え子の執念に心打たれた指揮官は試合後に思わず、目に涙を浮かべていた。「一日でも長い夏を3年生と過ごしたいので、強い相手にも臆せずチャレンジしたいと思います」と中野監督は次戦に向けて意気込んでいた。

(記事=馬場遼

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

千葉の夏連覇を狙う専大松戸が初戦!13日千葉大会【2024夏の甲子園】

2024.07.12

岩手では盛岡工が逆転勝ち、花巻北、盛岡中央も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】