Column

超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol2

2019.12.25

 2018年、史上初の二度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭。しかし2019年は春、夏ともに甲子園出場ができず、悔しい1年となった。3季連続甲子園出場なしは避けなければならないという思いからスタートした今年のチームは近畿大会決勝まで勝ち進み、2年ぶりの選抜出場が近づいている。

 今回は2020年、オリンピックイヤーでの飛躍が期待される大阪桐蔭特集を半年ぶりに再開します!2回目は大阪桐蔭の選手育成に迫ります。

多くの選手を伸ばすプロ野球方式の運営

超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol2 | 高校野球ドットコム
室内練習場ではティーバッティングが行われていた

 大阪桐蔭の選手育成で見逃せないのが、多くの選手を育て、卒業先で活躍していることだ。それまで高校時代にあまり試合に出ていなかった選手が大学で活躍することが多い。

 近年の例でいえば、この秋、5本塁打を放ちリーグ優勝に貢献。さらに大学日本代表候補合宿に参加した大石航輝(天理大・3年)、二刀流で活躍する越智泰弘(駒澤大・3年)は最後の夏はスタメンに出場していない。

 今年、リーグ戦でノーヒットノーランを達成した宮本佳汰(東京国際大・4年)や、道端晃大(同志社大・1年)ではベンチ入りしていなかった。また今の3年生たちも多くの選手が次のステージで硬式野球継続が決まっている。

 大阪桐蔭はどの選手でも伸びる土壌がある。それは11月~12月にかけて行われる育成試合と個人の強化練習期間がカギを握っていた。

 11月4日の近畿大会決勝戦後、大阪桐蔭は育成試合と銘打ち、近隣の学校を試合を組んだ。大阪桐蔭のグラウンドと近いのは数百メートル先にある大産大附、生駒市にあり車で10分ほどの近隣の近大附、大東市の太成学院大高西谷浩一監督の母校である報徳学園など平日ながらも練習試合を行い、11月5日以降は紅白戦や練習試合を含め、計26日間で24試合を行った。

 この期間に試合に出た選手は、ベンチ入りしていない選手やベンチ入りしているけれど、あまりに試合に出ていない選手が対象だ。
 「まず秋の大会では、チームとして勝利を目指しますので、どうしてもレギュラー中心の練習になります。
 打撃練習で打撃投手になってくれる選手たちが縁の下の力持ちとなってくれたおかげもあり、勝てていると思います。そういう選手たちのために絶対にチャンスを与えると約束しており、この方針を行っています」

超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol2 | 高校野球ドットコム
バッティング練習に打ち込む大阪桐蔭選手

 大会が終われば、文字通り白紙。全員にチャンスを与える。
 「甲子園で勝つためには部員全員が頑張ってもらわないといけないので、全員にチャンスを与えて、もう1回競争させます。
 打者は50~60打席は立ったと思います。 投手も多くの投手が経験できるように1人につき3イニング~4イニングを投げさせています」

 より多くの選手にチャンスを与えるために、1グループ15人の2グループに分かれて、太成学院大高近大附と試合を行い、秋の主力選手はグラウンド残留組となり、練習の手伝いと自主練習に訪れた3年生に投げてもらって打撃練習を行い、けが人以外はフル回転をさせる効率的に実戦経験と練習を両立させ、まるでプロ野球のような運営方式である。

 西谷監督も「11月はプロ野球でいうとフェニックスリーグみたいな感じですね。私たちスタッフは冗談で、『生駒フェニックスリーグや』というのですが、ここで結果を残した選手はメンバー選考にかかわるレギュラー組との紅白戦に出られるチャンスが生まれます」

 11月は晴天も多く、前述のように24試合もできたため、「実戦を経験して、競わせながら、レベルアップするのは1つの向上法だと思います。結果、多くの選手が伸びてきましたし、だいぶ力を測ることができたと思います」と手ごたえを感じている。

[page_break:育成試合の目的は課題を見つけること]

育成試合の目的は課題を見つけること

超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol2 | 高校野球ドットコム
急成長中の岩本賢志投手

 この運営の最大の狙いは課題を認識させることだ。
 「この期間は課題を見つけてほしいです。試合に出なかったら失敗しない。試合に出ないと、なんとなくできるんだろうという気持ちになって、上達につながらない。試合を積ませてうまくいかないことを発見することが大事なんです。出てきた課題を向き合っていく。題材づくりのための期間なんです」

 また西谷監督は選手たちへチャンスは2種類あると説明している。「与えるチャンス」が11月の育成試合期間。「つかむチャンス」はベンチ入り選考にかかわる紅白戦で、結果を残し、ベンチ入りを勝ち取ることだ。12月は気候が温暖なこともあり、紅白戦を5試合行ったが、これはメンバー選考をつかむための意味合いがある。

 この期間で伸びていくのは例年、1年生が多く伸び、春の大会でベンチ入りする選手が多い。今年も1年生の台頭が目立ったが、スタッフの意見を統合すると、ここにきて2年生投手の伸びが著しい。

 近畿大会ではエース・藤江星河、チーム一の速球派右腕・申原理来の2年生が出ていたが、それ以外は松浦慶斗竹中勇登関戸康介の1年生がベンチ入りしていた。3人の能力が高く、抜擢されたのも1つの要因だが、2年生投手のコンディション状態が良くなかったのも1つの要因だった。

 だが秋の大会が終わると、2年生投手が練習試合で好投。その中で、急成長を見せているのが、岩本賢志だ。主に投手を担当する石田寿也コーチからも「身長も180センチを超えて、140キロ前後の速球を投げられます」と語る大型左腕。

超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol2 | 高校野球ドットコム
トレーニング中の様子

 実は前チームからベンチ入り候補だったが、故障のため外れていたが、ここにきて伸びてきており、エース・藤江の隣で投げていたが、ボールの勢いはほぼ変わらなかった。西谷監督も「良くなってきましたし、メンバー候補へ近づいている」と評価する。また、三好遼也、又吉将太の両右腕も成長してきているという。

 効率的な運営により選手育成を行う大阪桐蔭メソッド。この運営を成功させているのは西谷監督をはじめとしたスタッフの方々は良ければしっかりと良いとたたえることだ。過大評価してはならないが、能力ある選手を正当に評価することはとても大事なことだ。

 そういう姿勢こそが選手のモチベーションとなり、成長の下支えとなっているのではないだろうか。そういう方々だからこそ今の運営方式が出来上がったといえるし、これまでプロに行く選手だけではなく、大学・社会人で活躍する選手を多く輩出しているのではないか。

 次回は球児の皆様にとっても関心のある大阪桐蔭のトレーニング、練習内容に迫っていきたい。1つのメニューでも実戦を意識したものが多く、これが高校生離れしたパフォーマンスを生んでいるのかと納得できた。ぜひ写真、動画を見て参考にしていただければ幸いだ。

(文・河嶋 宗一

関連記事
「野球は高校野球だけじゃない」恩師の言葉を胸に 道端晃大(同志社大)【後編】
知られざる主将としての重圧。すべてを乗り越え、夏は大爆発を 中野波来(大阪桐蔭)【後編】
憧れは中田翔!2年生4番・西野力矢(大阪桐蔭)はチームの勝利の為に打ち続ける

大阪桐蔭特集2020 配信スケジュール

12月23日(月)
【動画】過去最大の大阪桐蔭特集がクリスマスイブからスタート!

12月24日(火)
【コラム】3季ぶりの甲子園出場・全国制覇を狙う大阪桐蔭の現在地。「我の強い集団が1つになったとき」
【動画】大阪桐蔭のバッティング練習にド接近!西野や池田など秋の主力組が快音連発!

12月25日(水)
【コラム】野球部訪問 vol.2(12:00)
【動画】捕球・キャッチボール編(21:00)

★26日~31日まで、年内はまだまだ大阪桐蔭のインタビューや野球部訪問を公開するよ!

1月3日(金)
【動画】「大阪桐蔭野球部の今」スペシャル編

★1月もまだまだインタビューや野球部訪問を公開するよ!お楽しみに!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

12日の和歌山は雨天中止、大会日程は1日ずつ繰り下げて決勝は29日に【2024夏の甲子園】

2024.07.11

福岡大大濠に現れた大型右腕・柴田獅子! 山下舜平太に次ぐドラフト上位指名クラスの逸材だ!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.07.12

鹿児島水産、1点差で競り勝つ!シード・樟南も快勝【鹿児島大会6日目】

2024.07.12

センバツ準V・報徳学園がコールド発進も、プロ注目右腕がピリッとせず…九州国際大付、東海大福岡は16強入り【全国実力校・11日の試合結果】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!