Interview

すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」

2018.09.25

少年時代の野球の先生は競技経験のない父親

すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」 | 高校野球ドットコム
ケーシー・マギー選手

 2013年に来日し、AJ(アンドリュー・ジョーンズ)とともに楽天の初優勝に貢献したケーシー・マギー選手。このときは、ホームラン王や10年連続ゴールデングラブ賞などを受賞したAJのメジャーリーグでの実績ばかり取り上げられていたが、2010年にマギー選手がブリュワーズで残した成績も見事だった。

<打率.285、安打174、本塁打23、打点104>

 13年の来日時に掲げた〝現役メジャーリーガー″の看板に偽りがなかったのがわかる。メジャー通算安打は721本で、楽天、巨人では実働3年で通算452安打(2018年9月24日現在)。1シーズン平均150安打は文句のつけようがない。このマギー選手に子どもの頃の話を聞くと、「自分で言うのもなんですけれども、いい選手だったと思います」と言う。最も強い影響力を与えたのは競技経験のない父親である。

 父親によく言われたのは「バランス」と、「すべてにおいて自分のコントロール下でやるように」ということ。フラストレーションが溜まって力まかせに打っていたときには、『冷静になりなさい』『自分のやっていることを制御するようにしなさい』『力まかせはやめなさい』と言われたという。こういう時代を過ごすことができたマギー少年は幸せである。

 日本の選手とメジャーリーグの選手とでは大きな違いが見える。それはアメリカの選手の始動(足の動き始め)が遅いということ。マギー選手は始動の差についてはこう考えている。

 「大谷翔平選手(エンゼルス)がいい例です。日本にいたときはタイミングを取るときに足を上げていた。今は打ちにいくまでにそんなに動きがない。アメリカのバッターは動きが小さい分、始動が遅いのでしょう。なぜ向こうのバッターの動きが小さいかというと、日本のピッチャーはゆったりした動きで投げるので打者は大きな動きをする時間的な余裕がある。アメリカではそういう動きがないから、バッターの動きが小さくて、始動も遅いのでしょう。」

 「日本人は始動が早くて動き(反動)も大きい」と日本の指導者やプロ野球OBに向けるとたいてい「日本人は外国人にくらべて力がないので反動を作らないと力強い打球が打てない」と言う。しかしマギーは、「足を上げたほうがいいのか悪いのかというのは、おそらくバッターによって違うでしょう。ブライス・ハーパー(ナショナルズ)なんかは日本人的で足を上げるし、ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)やミゲル・カブレラ(タイガース)は典型的なアメリカ型で、始動が遅くてあまり足を上げない」といろいろな例を出して丁寧に解説し、次のように言う。

 「それはおそらく個々のバッターによるのでしょう。大谷選手はアメリカへ行って足を上げなくなったとはいえ、スイング自体は日本ハムの頃と全然変わっていない。自分も日本人みたいに足を上げろと言われたらできない。大事なのは、始動が早いか遅いか、足を高く上げてタイミングを取るかどうかではなくて、スイングに入る段階で形がしっかりできているということじゃないでしょうか。いいバッターはスイングに入る段階では皆しっかり形ができている。どういうふうにしてそこへもっていくかは人それぞれでいいのではないでしょうか」

全米シェア率No1金属バットいよいよ上陸!!
すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」 | 高校野球ドットコム

[page_break:最短でバットの芯でボールを捉えることだけを考えて打席に立つ]

最短でバットの芯でボールを捉えることだけを考えて打席に立つ

すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」 | 高校野球ドットコム
バッティング理論を語るケーシー・マギー選手

 「スイングに入る段階」という状態を詳しく話してもらった。

 「静止画を撮れば、その場面は多少の違いはあっても、どのバッターもしっかり形を作っているというのは皆同じだと思います。ゴムでものを遠くに飛ばそうとするとき、ゴムの伸ばし方にはそれぞれのやり方があるけど、しっかり伸ばし切った形は一緒でしょう」

 非常にわかりやすい解説で納得できた。アッパースイングについても聞いた。

 「私は今まで自分をパワーヒッターだと思ったことはなく、強い打球を打ちたいということだけを考えています。同時に意識しているのが芯でボールを捉えるということ。アッパーカットにしすぎると、高い球に対してバットと交差するところが一点しかない。そうではなくて投じられた高さ、コースに応じて最短でバットの芯でボールを捉えることを考えています。だから無理してレベルにしようとかアッパーにしようとか意識せずに、単純に投じられたボールの高さ、コースに応じて芯をぶつけるということだけを考えています」

 フォロースルーはどうだろう。マギー選手はそんなにフォロースルーが大きくない。マイク・トラウト(エンゼルス)選手もあまり大きくないが、そこには何か共通点があるのだろうか。話を振るとフォロースルーのことは全く考えたことがないという。

 「たまに写真なんかを見ると、自分で思ってもいなかったような終わり方、フォロースルーをしていたりします。それぐらい意識していません。さきほども言ったように、自分は芯でしっかりボールを打つこと、捉えることしか考えていなくて、それをしっかりピッチャーのほうへもっていくということだけ意識しているので、ボールを弾き返した後は、もうどこで終わろうが打った打球方向に影響しないので、全く意識していません。少し加えて言うと、片手で終わる人もいるけれども、自分は必ず両手で終わるようにしています。片手を放すということ、右手を放すということは、瞬時にパッと放すわけではなくて、徐々に力が緩んでいって放すわけですよね。間違っても打つ前に右手のグリップが緩むようなことがあってはならないので、両腕で握ったまましっかり捉えることを意識して、結果的にそれが片手にならないフォロースルーになっています」

全米シェア率No1金属バットいよいよ上陸!!
すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」 | 高校野球ドットコム

[page_break:岡本和真が後ろ手の使い方が変わってブレークした]

岡本和真が後ろ手の使い方が変わってブレークした

すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」 | 高校野球ドットコム
ケーシー・マギー選手

 ミートポイントはどうだろう。ピッチャー寄りで捉えるかキャッチャー寄りで捉えるか、ホームランを語るには重要な問題だと思うが。

「投じられたボールがど真ん中にきたとして、理想的には前足の親指の前で打てたら、ちょうど自分のタイミングで打てているということです」

 ただ、日本のピッチャーは変化球が多く、カウントが悪くてもボール球を打たそうとする。こういうピッチャーには見極めが必要だと思うのだが。

「それが野球の難しいところですね。ボール球でも何でも見極めずに振ってしまうのはよくないし、あんまり受け身すぎて見逃しが多くなるのもよくない。自分のことで言うと、悪いボールに手を出すことがあっても、積極的に打っていくほうがいいと思います」

 早いカウントで打て、ということでいいのだろうか。

 「必ずしもそういうわけでもありません。というのは、プロのレベルになって経験を積んでくると、試合展開とか相手ピッチャーの配球の傾向とかいろんな情報がある中で、このピッチャーはこういうふうに投げてくるなと予期できるものがあります。予期できるものがあるので、必ずしも早いカウントで結果を出すわけではありません。ただ打席に立つときは、ある程度ここにきた球は打つと決めていますね。もしそこにボールが投じられれば、初球であればもちろん振るし、結果的にそれが4球目になることもあります」

 最後に、チームメートの岡本和真選手について聞いてみた。マギー選手から見て岡本選手の最もいいところはどこなのだろう。

 「まず下半身をしっかり使えている。あと、ピッチャーが投げ損じたようなボールを必ず仕留めている。打ち損じて真後ろにファールを打つというのがあまりない。ホームランの方向を見ると、力まかせに振ってレフトに打っているわけではなくて、センターも右中間も左中間もあるし広角に打てている。しっかり下半身を使えていることの証しだと思います」

 若い選手は固め打ちがある半面、ブランクもあるが、岡本選手はずっと続いているような気がする。

 「一貫していい成績を残しているのはこの辺の後ろの手の使い方が」と言うと、立ち上がってバットを引く動きを見せる。

 「これが前よりも小さくなって、より正確に芯でとらえることができるようになった。プロ入りしたときから注目されている選手は、自分のスタイルを変えるのは勇気のいることです。変えるだけの思い切りとか勇気もあった。そういうのを受け入れられる性格だったから安定した成績をずっと残しているのだと思いますよ」

 理詰めで言葉を費やして相手を納得させようとするマギー選手の言葉には迷いがなく、それが聞き手に心地よく伝わってきた。マギー選手には選手だけでなくコーチの才能も備わっていると強く感じさせられた。

(文・小関 順二

全米シェア率No1金属バットいよいよ上陸!!
すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」 | 高校野球ドットコム

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」